自己愛性人格障害の見分け方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

どんな行動にも

自己愛性人格障害の特徴が出る、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の特徴について

知ってくると

少しその人と付き合っているだけで

すぐに自己愛性人格障害だと

分かるようになるのですが

どれだけ隠しても

その行動すべてに

普通のひととは違う要素が含まれています。

自己愛性人格障害のひとでも

その程度は人それぞれで

本当に強くその特徴が出てしまっている人と

まだそんなにも出ていない人が

いますし、

人それぞれ個性や性格も違います。

なので、

自己愛性人格障害のひとが

二人いた場合、

Tiaraにはその二人に共通する要素が

見えるのですが

普通のひとからは

「あの二人が同じには見えない。」

と言われたことがあります。

もちろん、

年齢や見た目も性格も違うので

全然違う人には間違いがないのですが

自己愛性人格障害の特徴だけが

2人ともぴったりと

当てはまっています。

性格が強めで言葉もきつい

自己愛性人格障害の人もいますし

穏やかで柔らかく

でも人を傷つけるところだけは

きっちり攻撃してくるタイプの人も

みえます。

性格がきつくて言葉が強いほうが

自己愛性人格障害でなくても

拒否反応を起こす人もいるので

近づいてくる人も

少ないのですが、

その分、用心して普段は

なるべく出さないように気を付けていたり

逆に声をかけるときは

優しくいい人に見えるように

細心の注意を払っていることもあり

仕事などで有能なところを見せつけ

ある程度の地位についていたりはします。

一方、

穏やかで柔らかく見えるタイプの

自己愛性人格障害のひとは

強く特徴が出ている人よりは

分かりにくいのですが

恋愛など、女性を口説く話術に長けていて

その人が心を許し始めた頃から

少しづつ離れられないように

調教していき、結婚すると

豹変するタイプの人もいます。

結婚するまでいっさい

自己愛性人格障害の特徴を

出さないタイプの人もお見えになりますから

注意が必要です。

あなたに

きつい言葉をかけてこないにしても

他人に対して異常に厳しかったり

部下を怒鳴り散らしたり、

ネチネチと長い説教を続け

なかなか離してくれないタイプの人は

まず、自己愛性人格障害とみて

間違いないでしょう。

後、本当に数は少ないと思いますが、

過去に何度も失敗をしてきているので

関係性が壊れることを恐れて

恋人や奥様には怒りを一切出さないために

ため込んで外の部下や後輩などに

ぶつけていて家庭では

一切出さないようにしているタイプの人も

みえるようですが

これでは外での人間関係を

壊してしまう可能性があります。

それにこういったタイプのひとでも

外でぶつける人が全員逃げた場合、

結局は残った

自分から離れていかない人物である

奥様や恋人に最終的に出してしまう

自己愛性人格障害のひともいるようです。

後まれに

女性の自己愛性人格障害のひとで

好き放題していても

旦那様が何も言えない状態に

されていってしまい、

旦那様の稼いできたお金を

自由に使い放題使っている方は

旦那様が利用価値があるので

離婚しないで一緒にいるケースもありますが、

旦那様のほうは

確実に神経をすり減らしてくでしょう。

男性の場合はまず無理だと思います。

そして奥様が専業主婦だったりして

旦那様から離れることができず

言うなりになっている場合は

別れずにずっと一緒にいる場合がありますが

奥様の精神状態は

確実にひどくなっていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする