自己愛性人格障害のひとに会社で接するときの注意点について


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

印象について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

初めはとても印象の良い方が

多いです。

どれくらいのタイミングで

ひどい人と見分けることが

できるのかというと

なかなか難しく

被害者が

自己愛性人格障害という病気に

気づいてからでないと

分からないことも多くあります。

Tiaraも自己愛性人格障害の彼と

5年近く付き合いましたが、

見た感じから横暴だったり

大声を出したり意地悪だったりと

そういった感じは最後まで見ることが

できませんでした。

ただ、後になって

自分が何をされていたか

気づくとぞっとしたのですが、

彼からされた

いろいろな幸せな出来事や彼の気持ちは

表面上はとても嘘には見えません。

自己愛性人格障害のひとは

普段は尊大な自分を魅せているので

普通のひとよりも印象が良く

親切だったりユーモアがあったり

また知的だったり紳士的だったりします。


言葉使いや声のトーンは

落ち着いていることが多く、

被害者としても

見習いたい面が多くあります。

第一印象から嫌な感じが

しないことが多いのです。

Tiaraは彼と別れて

もう2年ほど経ってしまいましたので

恋愛からは

遠ざかっている状態ですが、

今も自己愛性人格障害のひとに気づくと

素敵な人はいっぱいいます。

一緒にいて嫌な感じは全くなく

声のトーンや雰囲気が落ち着いているので

話を聞いていても嫌な感じがなく

居心地がとてもいいのですが

この人は自己愛性人格障害だなと

気づくシーンがありますので

近づきすぎないように気を付けています。

イケメンや美女が多いと

よく言われていますが、

中にはそうでもない人も結構います。

見た目だけの問題ではなく

中身の問題なのですが、

今、Tiaraが直接仕事を指示してもらっている

チームのリーダーですが

おそらく自己愛性人格障害だと思われます。

普段、この方の指示のもと

動くことがよくあるのですが

この人は特にイケメンでもなく

おしゃれでもなく背も低いのですが

とても落ち着いた雰囲気を持っていて

居心地がとてもいいです。

イケメンでなくても

素敵だな、と思う人もいるかもしれません。

今のところきついことを言われることも

ひどいことをされることもないのですが

仕事の説明をされる時

話しが雰囲気だけで終わることがよくあります。

分からないことがあり、

聞きに行くことがあるのですが、

「この資料って

どこから探せばいいですか?」と聞くと

とても落ち着いた静かな声で

「ああ、いいっすよ?

そっちに行くんで待っててください。」と

親切にすぐに来てくださり、

説明してくださるのですが

とてもクールな感じで

マウスを動かしながら

「このファイルのここをクリックすると

こういうのが出てくるので

ここを選んでこの中に入れると

こうなってこうなるんで

これでいいっすよ。」

と3秒くらいで説明してくださり、

「じゃ、お願いします。」と

静かに立ち去って行かれます。

はっきり言って全く分かりません。


もともとこの仕事についていて

ある程度のことが分かる方でしたらまだしも

入ったばかりで右も左も分からないTiaraに

マウスも触らせてもくれず

自分でシュッシュ、シュッシュッ、

シュッシュッと

マウスを動かされても

とても分かりにくいです。

あれ?今どこさわった?どこ開けた?

という感じです。

ですが、自己愛性人格障害のひとだと

ここでしつこく聞いたり、

「今のでは分かりません。

もう一度説明していただけますか?」

と言ってしまうと

その方の気分により気分がいい時はいいのですが

少しでも気分が悪かったり急いでいたりすると、

自分の時間をつぶされた、と感じたり

俺に新人が指示してきた、と

悪く取られることも多くあります。

自己愛性人格障害のひととの会話は

できるだけ集中して

一発で聞き取る努力が必要です。

ですがこの方のクールで素早い説明では

正直一発で分かるのは

Tiaraでは難しいです。

Tiaraが分かっているのは

自己愛性人格障害のひとの特徴と

対処、対応の仕方だけで

仕事ができるわけではありません。

特に、今の業界は初めての業種で

専門性が高く

教えてもらわないと

分からないことだらけです。

まず言葉1つをとってみても

聞いたことのないような単語で

何のことだかさっぱりわかりません。

だからここで自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにならないためには

自己愛性人格障害のひとの言葉を

できるだけ覚え

全体の雰囲気をつかんで

「はい分りました。」と短く返事をして

それをできるだけ瞬時に覚え、

聞きやすい人に

「さっきこういわれたけど

何のことだか分からなかったので

ここは何のことを言っているか

教えていただけますか?」

と教えるのが好きな人や、

聞いてほしい人に聞くしかありません。

[ad#co-1]

そのうえで

どうしても分からないことだけ

言葉を明確に用意し

聞きたいことだけを伝え

「ここをこのように修正しましたが

このフォルダに入れればよろしいですか?」

など相手がYES,NOくらいで

答えられるレベルにまでまとめてから

聞く必要があります。

そして聞き終わったら

「ありがとうございます。」とお礼を言い、

すぐに立ち去り

余分なことはいっさい話さないように

してください。

自己愛性人格障害とみられる人には

細心の注意を払い自分のミスを

極力見せない様にしながら

イラつかせないよう注意を払い

弱みをできるだけ見せてはいけません。

練習すれば慣れてくると思いますので

できるだけターゲットにならないよう

できる人間を演じ続けることが重要です。

もし、ターゲット認識されてしまったら

どんなこともあなたに非があるように

言われてしまいます。

そしてどんどん

その場で生きにくいように

なってしまいますので

自己愛性人格障害のひとと接するときは

細心の注意を払わなければなりません。

ですが、

ターゲット認識されないように

気を付けていれば

あなたを大切に扱ってくれますので

なぜか不思議なことに

自己愛性人格障害のひとに大切に扱われていると

周りの人からも

大切に扱ってもらえるようになります。

今の世の中は

自己愛性人格障害のひとに

都合のいいようにできていますので

これをうまく利用して

あなたの生きやすい雰囲気を

徹底してください。

そして普通の人たちとは

あなたがコミニュケーションをとりたいように

とれば大丈夫ですので

自己愛性人格障害のひととは

関係のないところで

あなたの世界を作っていってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする