自己愛性人格障害のひとからの被害のまぬがれ方は、自分の考え方1つで決まる!

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害には

あなた側の心の持ち方次第で

回避できる、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の

被害に遭っている人は

相手に考え方を変えてほしい

と思っている人が多いと思いますが、

自己愛性人格障害のひとが

考え方を改めたり、

自分が悪いことをしたなあと反省して

攻撃をやめてくれる、ということは

基本的にはありません。


自己愛性人格障害のひとは

あなたを攻撃しているつもりはなく

むしろ、自分が被害者になるのを

必死で避けるためにしている、

と思っているので

悪いことをしている、

という自覚は持てません。

むしろそこが病気なので、

普通の人のように反省したり

自分が悪いという

自覚がもてないこと自体が

自己愛性人格障害という病気なのです。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

本当に臆病なので

人から嫌われることをしたくないので

あからさまに暴言をはいたり

暴力を振るったりすることはありません。

それはDVで、

DVと自己愛性人格障害は

基本的には別物だと判断します。

自己愛性人格障害のひとも

ある条件がそろうと

暴言を吐いたり暴力を振るったり

することもありますが、

表面上に分からないように嫌がらせをして

周りからは分からないように

被害者だけを苦しめることが

できる人であればあるほど

真正の自己愛性人格障害の可能性が

高くなります。

自己愛性い人格障害からの攻撃は巧妙なので

真正であればあるほど

時間をかけてゆっくりと行うことができます。

だから真正であればあるほど

被害者が自己愛性人格障害のひとを

信用しますし、

自己愛性人格障害のひとの魅力に

取りつかれやすくなります。

魅力的な自己愛性人格障害ほど怖い、

というところでしょうか?

こうなる前にだけ早く

自己愛性人格障害かどうかを判断し、

できるだけ早く離れることが

被害を最小限に抑えるポイントになります。

被害が大きくなればなるほど

あなたが失うものが大きくなります。

ですからできるだけ早く判断することが

大きなポイントとなりますので

自己愛性人格障害の特徴をよく理解し、

できるだけ早く見つける力を身につけましょう。


そしてもしあなたの周りにいる人が

自己愛性人格障害だとわかったら

分かった時点で

あなたの心を少しづつ離していきます。

自己愛性人格障害のひとが

あなたの彼だったとしたら

心を離すのは苦しいと思いますが

でも、自己愛性人格障害のひとは

自分に心を寄せてくる人は

攻撃しやすくなってしまいますから

できるだけきれいな思い出を残すためにも

お互いにあまり嫌な思いをする前に離れたほうが

お互いのことをきれいな思い出として

残せます。

逆に自己愛性人価格障害のひとが

恋人や夫婦関係でない場合は

心を離すことはたやすいでしょう。

自己愛性人格障害のひととは

話し合いになりませんから

話をすればするほどひどいことになります。

自己愛性人格障害のひとは

反省をすることができませんから

わざわざ修羅場にするよりも

あなた側で心を離して無関心になるほうが

穏やかに離れることができます。

そして自分に心を寄せてこない人には

自己愛性人格障害のひとは

攻撃がしにくくなりますから

自己愛性人格障害のひとから

攻撃をされないためにも

心を離したほうが無難です。

そして、自己愛性人格障害のひとが

攻撃をやめないとしても

あなたが相手にしていなければ

自己愛性人格障害のひとが

1人でしていることになり

自己愛性人格障害のひとの行動が

周りの人から見ても不自然になります。

すると自己愛性人格障害のひとも

やりにくくなるので

攻撃を最大限に抑えることができますし、

もししたとしても周りの人から見て

自己愛性人格障害のひとが

不自然に見えますから

あなたのことを信じない人も

少なくなるでしょう。

それからならあなたは

好きなように行動しても

攻撃をされにくくなり

被害をまぬがれることができます。

あなたが今までそれができなかったのは

そんな人が世の中にいるとは

思わなかったからでしょう。

自己愛性人格障害という

普通の人から見たら

分かりにくい病気があることが分かった今

あなたに悪い影響を与える人は

かかわ菜内容にするほうが

あなたの人生を邪魔されず

好きなように生きていくことが

できるのです。

そうなると

もう悩む必要はなくなるでしょう。

そしてもし、

自分が

自己愛性人格障害だと気付いた人は

人を傷つけない方法を学び

学習していく、という方法で

人を傷つけたりしないよう

気を付けてください。

そしてあなたさえ攻撃しなければ

周りの人が自分を攻撃することは

めったにないと覚えておきましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする