自己愛性人格障害の人は、イベントの時に最高な嫌がらせをする

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

あなたに嫌がらせをするときに、

お正月休みやお盆休み、クリスマスなど

イベント事を狙ってする、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

自分の中のパンパンに膨らんだ怒りを

自分が一番心を許せるひとにするのですが、

なぜか、お正月休みやクリスマス、

誕生日などイベントごとの時に

別れ話やけんか、無視、嫌がらせなどを行います。

Tiaraは途中から

イベントごとがあると

また何かけんかを吹っかけてくるな、

と予感するようになっていました。

彼にも言っていたと思います。

「なんかイベント楽しみじゃなくなった。

だって必ずイベントの時に何か起きるもん。」って。

(それを言ってからは、イベントごとの時は何も

起こらないように彼がしていたと思います。)

ゴールデンウィークやお盆休みなど

少し長めのお休みがあると

最初のころはとても楽しみにしていました。

それは自己愛性人格障害の彼とだけでなく

以前の普通の彼氏と付き合っているときなども

同じでした。

初めてのデートは

まだ中学生くらいのころだったでしょうか?

二つ上の

とてもやさしい彼ができたんです。

その前の彼は同い年で

まだあまり経験がないせいか、

デートは近所の喫茶店で

アイスミルクを飲む程度で

大した会話もできない感じで

その時の彼氏はいつも緊張気味でした。

たぶん女の子に慣れていなかったと思います。

淡い幼い恋の思い出です。

そのあとに付き合った彼は

少し年上だからでしょうか?

彼の性格もあったんだと思いますが

とても積極的な彼で、

話もとても面白くロマンチックなシチュエーションも

考えるのが上手な人でした。

夏休みに花火大火に連れてってもらったのですが、

川べりにピクニックシートを広げ、

まだ明るいうちから場所取りをしていました。

「こんな時間から来たって早すぎるじゃん。」

とTiaraが文句を言うと

「これくらいから取ると最高の場所が取れるんだ。」

と目を輝かせて言っていました。

そのうちにだんだんと暗くなり

花火が始まると

「Tiara寝転んで!」というんです。

まだ中学生のTiaraは恥ずかしがって

「やだ。みんな通るから恥ずかしい。。」

と言いました。

「いいから!」笑って言う彼にしぶしぶ寝転ぶと

「ここはな、この辺で一番有名な花火大会なんだ」と

彼が言いました。

花火が始まると

ドーンというすごい地響きと共に

仰向けに寝転んでいるTiaraたちの上に

大きな花火がきれいに咲いたのです。

好きな人と見るたぶん初めての花火でした。

すごく感動しました。

ドキドキして、感動して涙が出ました。

「ほらな。きれいだろ?」

優しく言う彼にTiaraもうなづきました。

この彼とは3年ほどで別れてしまいましたが、

いつもとても大事にしてもらいました。

友達からも

「いつも大事にされていて羨ましい。」

と言われていました。

まだ若かったので些細なことで別れてしまいましたが、

どれもとてもいい思い出になっています。

その後も結婚するまでいろんな人と

付き合いましたが、

誕生日、桜、海、ペンション、

ディズニーと長期休暇の時はいつもイベントが目白押しで

しかもいつもより会う頻度も時間も長くなっていましたので、

お正月休みやゴールデンウィーク、誕生日など

どの彼を思いだしても

むしろ絆が深まるような思い出の出来事ばかりでした。

ところが、離婚をして2番目に付き合ったのが

自己愛性人格障害の彼なんですが、

機嫌が悪くなったり、突然怒りだしたりして

別れ話になるのは、

いつもイベントの前でした。

そして楽しみにしていたイベントが台無しになり、

台無しになるどころか

別れる、と言って会ってもらえなかったり、

不思議なのは、

自分から別れるといったくせに

彼の誕生日の前の日に、突然電話がありました。

「明日は、俺の誕生日だけど

もう別れたんだし、別に誕生日も

俺は祝ってもらわなくてもいいんだけど

子供たちも俺の誕生日プレゼント

用意してくれてたみたいだし、

子供たちを、傷つけてもいけないから

友達としてなら、みんなでやってくれてもいいよ。」

と言われました。

彼の誕生日に会いたかったTiaraとしては

それでもいい、と思って

「やりたい」と言っていました。

彼の誕生日は、Tiaraだけじゃなく

子供たちもとても楽しみにしてくれていて

まあ、誕生日の

あの楽しい雰囲気が好きなのかもしれないですが

彼へのプレゼントを毎回用意していてくれたのです。

子供たちに「彼から電話がかかってきて

ママとは別れたんだけど

お友達としてなら誕生日会、やってもいいよって

電話かかってきた。」と話すと

「やったー」と言って喜びました。

後から聞くと、どうせその時に戻る、

と子供たちは毎回考えていたようです。

子供もお小遣いで、

おしゃれな彼だから、

そこら辺のものでは喜ばないだろうと

けっこうセンスもよくて、お金も子供にしたら

けっこう値段も出していました。

それでもTiaraと仲良くしてほしかったようですし、

本当にいい人だと思っていたからです。

でも、毎回理由をつけて

同じようなことをしていました。

その時は、

好きだから何とも思っていませんでしたが、

子供たちもはじめ中止になったと思っている間は

予定も明けておいたし、

プレゼントも用意したのに、と不満そうでした。

でも何より傷ついているTiaraよりも

怒れないし、彼を好きという気持ちも

Tiaraとは違うので、

少しマシかもしれませんが、

子供にとってもよくなかったと思います。

それでもTiaraも気づかないように

子供たちも全く

彼がおかしいことには気づいていませんでした。

ただ、また彼が別れる、というほど

ママが彼を怒らせた、と思っていたようです。

でも、傷ついて泣いている

Tiaraを何度も見ていますので

いつも心配そうに慰めてくれました。

男の子ですので、

本当に優しかったです。

子供に嫌がらせをされないで

本当によかったと思います。

男の子だし、

ある程度大きくなってから付き合ったので

彼がちょっとでもうるさいことを言うと

「もう連れて込んで!」と

子供たちに言われてしまうので

彼も子供には何もできなかったと思います。

だからか子供には

優しい兄貴的な存在でいてくれました。

子供がもっと小さかったり、女の子だったら

どうだったかと思うと少し怖いです。

自己愛性人格障害の人は

イベントを台無しにします。

それは楽しみにしていた分だけ

あなたが傷つくからです。

長期休暇なら、

本当なら彼と長い時間過ごせた時間を

1人ぼっちにされてしまうから

余計傷つくのでイベント中のけんか、別れ話、

無視は非常に多いです。

このお正月休みも

本当にたくさんの相談が寄せられて

びっくりしました。

しかもやり方が、どれも本当にひどいです。

こんなめでたいムードの中、

こんなことをするのかと

思うようなことばかりです。

あなたはたまたまこんなことが起きた

と思っているので傷ついているのです。

あなただけではありません。

このお休み、誕生日、

結婚記念日、別れ話や離婚届け、

罵声、無視など、

みなさんとても悲しい思いをしています。

だから自己愛性人格障害の人は、

イベントごとの時は

あなたをよりひどく傷つける方法を考えている、

と思っていたほうがいいです。

そして何か起これば

やっぱりな、と思いましょう。

自己愛性人格障害の人は

なぜかみんな、同じことをするのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara 中村美幸 より:

    はじめまして。
    あるサイトから、こちらのブログを知りました。

    共感することばかりです

    私は、毎日が辛くてたまりません

    • Tiara Tiara より:

      中村様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      自己愛性人格障害とは
      どうしても自分のことを大事に思ってくれる人を攻撃してしまう病気です。
      辛いですが、できるだけ早く離れるように
      心の準備をしていってくださいね。