自己愛性人格障害の人は常に人をつぶしていないと気がすまない。


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が行う

誰かの失敗談で笑いを取ることについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

ずっと長い時間

あの人はこんなとこがだめなんだよ、

あんなところがだめなんだよ、

あの人もね、こんなところがあるし

あんなところがあるんだ、

だめだよね、あはは。

とこんな感じで話をすることがあると思います。

軽く言っているので

そんなに悪意は感じられません。

聞いているほうも、教えてもらってる、

という感じで

笑いながら聞いたりしています。

話のネタになってなっている人と

そんなにも親しい間柄じゃないと

こんな話を聞いても

わざわざ本当かどうか

確かめませんよね?

でも、話のネタにされている人は

何もしてないうちに

どんどん見下されたイメージが

ついていってしまいます。

実際会ったイメージが

本当にそうだと

やっぱりな、という感じで見られることが

多いです。

自分が何かした覚えがないのに

あなたを見る周りの人の反応が

なにかおかしい、という場合は

まず、自己愛性人格障害の存在が

あると考えられます。

あなたの優秀さを、

周りの人が知る前に

事前に

自己愛性人格障害のひとが、

あなたの評判を、落としているのです。

この場合は、

もうこのグループでさほど親しくするのは

その場で、無理と考えてください。

これが、自己愛性人格障害の人が

事前にその人のイメージを

落としていくやり方です。

知らないと

笑って聞いてしまいそうですよね。

これって会社とか学校でありがちですよね。

ママ友のランチに来ていない人の話題も

こんな風に始まることが

多いです。



そして予想される限り

自己愛性人格障害の人が言いそうな行動は

しないようにしてください。

うまくいけば、自己愛性人格障害の人が

でたらめなことを言っていたと

分かってもらえます。

というより、

自己愛性人格障害の人の言っていることが

真実にならないようにするためには

自己愛性人格障害の人のすることに

いちいち反応しないことです。

反応すると、

なぜか自己愛性人格障害の人の

言うとおりになってしまいます。

だから自己愛性人格障害の人のすることに

無関心でいてください。

無関心でいれば動揺することもないですし

動揺すれば余計に失敗します。

自己愛性人格障害の人は

あなたの失敗を誘導しています。

あなたが失敗しやすいような

環境にすることが非常にうまいのです。

だから、自己愛性人格障害の人の前では

失敗はできるだけ見せないように

してください。

もし間違ったことをしてしまっても

黙って地味に修正しておいてください。

間違っても大声で

「しまった!」なんていわないほうがいいです。

もし、思わず言ってしまったとしても

自己愛性自覚障害の人に

何で失敗したのか、分からないようにしてください。

すぐに「どうしたの?」なんて

親切そうに聞いてきますが、

「大丈夫でーす。」とか

「ありがとうございマース。」とか

「もう分かりました」とか

詳しいことは言わずに

心配してくれたことに対して

お礼を言いましょう。

そして自己愛性人格障害の人の

関係のないところで動いてくださいね。

決して悪口言われた、なんて怒ってはいけません。

自己愛性人格障害の人は

どうしてもそうなってしまうのですから。

敵対心を見せてしまうほうが

ずっと怖いのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする