自己愛性人格障害のひとを治すにはどうしたらいいの?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼を

治そうとしている人に

自己愛性人格障害を治すには

どうしたらいいかということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だとしたら

まず、ほとんどの人が

自己愛性人格障害のひとからの

マインドコントロールも入っていて

それでも何とか彼と

うまくやっていきたい人のほうが

多いと思います。

 

もちろんTiaraもその中の1人で

自己愛性人格障害のひとも

元は被害者であまりにもひどい思いをしたから

自尊心がつぶれてしまったから来たものなので

できれば治して楽にしてあげたいです。

 

 

そしてそれは、

自己愛性人格障害を持つ人のためだけでなく

それと同時に

もちろんそこから生まれる被害者を

1人でも無くすためです。

 

もともとは

自己愛性人格障害のひとも

被害者の人も

価値のない存在などではなく、

特に特別な才能がなくても

大切な1つの存在です。

 

それを人に寄り添い

自分を潰してでも分かってもらおうとしたり

逆に、わざわざ人を潰して自尊心を上げて

生きていかなくても

充分に価値のある存在なのです。

自己愛性人格障害のひとは、

そもそもやらなくてもいいことを

必死でやり続け

起こさなくてもいいトラブルや別れを

繰り返して物事をぶっ壊しながら

生きています。

 

 

それをやめられたら

こんなまどろっこしい対処法や

自己愛性人格障害のひとの無視は

しなくてもいいことなんです。

 

自己愛性人格障害のひとと

被害者の人の決定的な違いは

すべてにおいて

お互いが全く正反対の立場で

ぴったりと当てはまってしまう点です。

 

自責の念がないため、

すべて被害者のせいにして

ひどいことをし続ける、

という自己愛性人格障害のひとと

すべて自分のせいだと思い込み苦しみ続ける

被害者のひとです。

自己愛性人格障害のひとは

話しても自責の念が全くないため

反省をするということがなく

何もしていない被害者をどん底まで

たたき潰さないと自分が

つぶされてしまうという

しなくてもいい心配に必死になっているので

やめることができませんが、

被害者の人はだんだんにそこから

抜けたくなってきます。

 

 

その被害者の気持ちを利用して

必死で自己愛性人格障害のひとから

離れていただき、

結果的に被害者がいなくなれば

自己愛性人格障害のひとが

虐待をすることができなくなるように

することができます。

自己愛性人格障害のひとを治すこと

(実質的には治らないのですが、

自ら被害にあうために必死になって

しがみついてくる被害者が

必死に逃げることで

虐待をしようがないのです。

ところが、被害者が

自己愛性人格障害の彼にまだ魅力を感じていて

離れたくない、

と思っていると

自己愛性人格障害のひとは

どんどん虐待を受け入れるあなたに限度なく

虐待をし続けるので

自己愛性人格障害の症状が

ひどくなってしまいます。

 

だから、自己愛性人格障害のひとから

離れることは

彼を助けることにもなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

不思議なことにそばに被害者になるような人がいると

じわじわと虐待を慕い気持ちに

なっていくのですが

そばに人がいないと、

わざわざ探してまでも、モラハラをしたいとは

思わないのです。

 

それを証拠に離れた瞬間に被害者に対する

虐待をしたい、とか何としても探しだして

虐待をしたい、などという願望は

まったくないのです。

 

被害者が離れるとしがみつき行為に走るのは

虐待できる人がいなくなってしまったから

離したくない、といい気持ではなく

見捨てられた、とか嫌われたという気持ちへの

恐怖心からなのです。

だから、そばにいればいるほど

自己愛性人格障害のひとも

本当にあなたが悪いと

だんだん思っていってしまうのですが

あなたが逃げれば後悔するのです。

&nbsp

そして嫌われることへの

極端なほどの恐怖心から

あなたを恋しく思うのです。

&nbsp

あなたもこれ以上彼に嫌われたくなく

彼を治したいと思えば

彼のことを思い彼から離れることが

結果二人のためになるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください