自己愛性人格障害のひとがあなたを狙う理由はなに?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとから

ひどいことをされたのに

彼のことが忘れられないことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとから

精神的な虐待をされる被害者の人は

悪い人ではありません。

また人の気持ちが

分からない人でもありません。

そして知らない間に

ひととの関係を壊してしまうような

なにか欠点のある人でもありません。

これについては

世間の人が見ようともしていないくせに

何にもしないのにひどいことはされない、

という世間の常識にとらわれているような

気がします。

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

人のことを考えてあげられないような

自分のことしか考えていないような人は

被害者になりにくいのです。

むしろ、自分のことを優先的に考えることのできる

自分を大事にしている人なら

自己愛性人格障害のひとの行動に

すぐに違和感を持って突き放してしまうので

あまり大した付き合いにならないはずです。

でも、いまはそのことが分かりますが、

以前はTiaraも

その世間の常識に、

とらわれていたところが

ありました。

何にもしていない人に

ひどいことをする人がいるなんて思いもしなかったのです。

何か嫌がられたり怒られたりする人は

必ず人を怒らせる原因があって

何もしていない人にひどいことをする人が

いるなんてこと、常識的に考えられなかったのです。

そこを見ようとせず、

やられる人はそのやられる原因を何か考えて

それを無くすように努力しなければいけない、

という、やったほうの責任を置き去りにして

やられる人の責任ばかりを

追求していたような気がします。

あなたが何もしていないのに

ひどいことをするひとは

変えられないので

あなたがひどいことをされないような

存在にならなければならない、

という考えを持っていたのです。

そしてそれが常識だと思っていました。

でも、自己愛性人格障害という病気にたどり着いたとき

何もしていないのに怒ったりその人のせいにする人がいる、

ということに気づいてから

よく見てみると、上司や気の弱い人までも

いいやすいところに言っていることに

驚くほど気づいたのです。


自己愛性人格障害のひとは

気難しい人が多く

怒られると本当に怖いです。

だから自己愛性人格障害のひとが

ひどいことをしていると気付いていても

言わない人がとても多いです。

むしろ

自己愛性人格障害のひとの肩を持って

「お前のそういうところがいけないから

いわれるんだぞ。」なんて言う人もいます。

世の中の被害者になりやすい人は

そういわれても言い返せないことが多く

世の中のこれまでの常識同様に

私が悪いから彼をそこまで怒らせてしまうんだと

自分のどこが悪いのか

考え込んでしまう人もいます。

そもそも何も言い返せない人のせいにして

自分がやったことも

被害者の人の行動から

そうなってしまった、という人が

自己愛性人格障害でなくても多く

被害者のせいにしておけば

ほかの人は責任を取らなくても済み

世の中が丸く収まっていることが

数多く見られます。

被害者になる人が身を守るには

ただ、自分の責任を頭の中で

常に明確にしておくことが肝心なんです。

自分で自分が被害者になりやすいタイプだと

自覚のある人は

あなたをそういう風に扱う人と

距離を取らねばならないのです。

そうしないと

あなたは数多くの人の行動が

あなたのせいで巻き起こったことにされ

どの世界に行っても、自己愛性人格障害のひとや

そこまでいかなくても

自分が可愛くて少しでも罪を逃れようとする人から

何度も立場を追いやられ

どこにもいられなくなってしまうのです。

そうなると、

あなたは何度も職場を替え

習い事を替え

グループを替え

どんなに努力してもいつも

初心者のままになってしまい

歳をとってしまいます。

人のために

そんなことばかりしていたら

疲れてくるでしょうし、

自分のことがなおさら考えられなくなります。

そして本当に失敗し、

あなたはいろんなことの

本当のことが分からなくなってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする