自己愛性人格障害の人は恋を使ってあなたの心を惑わせる精神的虐待をする

こんにちは♡

Tiaraに相談してくださった方が

数か月たって被害から抜け、

新しい恋が始まった話を聞くと

とっても嬉しくなります。

皆さんも頑張って幸せになりましょうね。

今日は、自己愛性人格障害の人の

あなたに別の女性の存在を

わざわざ見せつける行為について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

あなたの行動や

行為の邪魔をします。

あなたが彼を忘れて

前に進んでもらうと困るのです。

自己愛性人格障害の彼と

別れた後にあなたがもう

彼のことを忘れようと思っても

マインドコントロールにより

あなたが彼に

ありもしない大きな期待を抱くように

コントロールされていますので

ただでさえ、彼のことが気になります。

彼がまだあなたのことが好きだったり

まだあなたのことが気になる、というような

うその情報を与えておくのです。

そしてあなたは

もう一度、幸せだったときが

戻ってくるんじゃないかと

思ってしまうのです。

普通の恋だとそんなことは思いません。

たとえ彼のことを好きだとしても

ダメな決定的な原因があることが

あなたにも理解できることと

そのあとで期待させるような行為を

彼から何度もされるようなことがないので

別れを話し合った時点で

お互いに二人がやっていけないことを

理解しています。

そうやって別れたのです。

だからよりを戻すのは

至難の業でしょうし、

お互いそんなつもりなら

別れたりしません。

だから普通の人と別れたときも

もちろん悲しいでしょうが

お互い納得もできているので

あとは時間が解決してくれて

だんだんと二人ともが落ち着いてきます。

ところが、自己愛性人格障害の場合は

明確な理由がなく

彼の気分次第というところがあるので

あなたは別れる理由に

納得できていません。

そのうえ、

あなたの目に入りやすいところで

あなたにやきもちを妬かせるように

周囲の女の子と仲の良いところを見せたり、

新しい彼女に優しくしているところを

見せつけてくるのです。

あなたへの虐待は

あなたのやきもちを使ってくるのです。

あなたが、勝手に彼のことを

好きになり

やきもちを妬いているのではありません。

彼があなたが気になるように

故意に仕向けています。

これは、あなたが彼を忘れることを

邪魔するためです。

自分からこっぴどく振っておいて

あなたが彼を

忘れないようにしているのです。

ただでさえ傷ついているあなたの心は

耐えきることが出来ません。

そうやって

恋愛を使って

虐待しているのです。

恋愛を使って

精神的虐待をするなんて

常識では考えられません。

この常識では考えられない虐待をするので

自己愛性人格障害の人の虐待は

ばれにくいようになっているのです。

はたから見たら

あなたが彼を忘れられないだけで

それだけ彼は

魅力的に映っていると

とらえられてしまうでしょう。

すると彼が悪く見えないのです。

自己愛性人格障害の人は

よくナルシストと間違えられますので

とてもロマンチックに見えます。

やきもちを使っているので

彼はとてもきれいに見えますが

とてもひどいことをしています。

恋愛を使った精神的虐待ほど

辛いものはないのです。

どれだけ理不尽なことをされても

憎み切れません。

あなたが彼を愛しているからです。

あなたが愛しているということは

彼にいいところがあったり

魅力的なところがあるから

あなたが魅力を感じるわけで

ひどいことをする人間に魅力を感じるわけがありません。

だからあなたが悪いんじゃないの?

というような言われ方をすることもあります。

ですが、あなたは彼にひどいことをするどころか

めちゃめちゃ精神的に

故意に傷つけられているのに

彼に逆らうことが出来ないのです。

自己愛性人格障害は

そういう拷問のような

とてもひどいやり方をするのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする