自己愛性人格障害のひとは嫌がらせをやめられない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

嫌がらせをやめることができないことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

その症状により嫌がらをすることを

やめられません。

たとえば、あなたがその場から

いなくなってしまったとしても

また違う誰かに同じことをしないと

気が済まないのです。

というより、ターゲットを絶えず作っていないと

安心して、自分の不安や怒りをぶつける対象が

いなくなり

感情が不安定になります。

自己愛性人格障害のひとは

嫌がらせをしてターゲットが

苦しんでいるところを見ているときは

気分が高揚してテンションが高くなり

満足していますが、

そのターゲットがいなくなると、

感情が不安定になり、長時間寝ていたり

頭が痛くなったり、心が不安定になったりして

誰もいないところで物にあたったり

イライラしていたりします。

自己愛性人格障害のひとは

自分が怒りをぶつけたりひどいことをしても

許してくれる優しい人や

彼のことを好きな人や気の弱い人が

必要なのです。

それが、恋人だったり、会社の後輩だったり

気の弱い人だったりするのです。

ですが、

そういったターゲットに逃げられると困るので

優しくしたり、

自分の魅力を魅せつけて夢中にしたり

結婚すると言って確証もない約束を

平気でします。

あなたが忘れられない、と言っていた彼は

この時の彼なのです。

その中に大きな決心など何もないのです。

いつでも

自己愛性人格障害のひとの気分により

なくなったり、解消したり

初めからそんな約束など

していないことになってしたりします。

あなたは、

わけが分からないと思いますが、

それはあなたのせいになってして

自己愛性人格障害のひとが

したことにはなってしません。

自己愛性人格障害のひとは

自分が言い出したことも約束も離婚も

別れも、すべて被害者の自業自得のために

そうなったことにして自分は責任を逃れます。

そして、周りの人にも

あなたのせいで

迷惑をかけられた、と

嘆き、悲しむのです。

知らない人は彼のそんな話を聞いて

彼に同情し、あなたを恨みます。

あなたは、あっという間に

周りの人間から

信じてもらえなくなっているのです。

こうなる前にできるだけ早く

気づいた時点で逃げてください。

言い訳はしても無駄ですので

逃げることを最優先で考えてください。

あなたが自己愛性人格障害のひとの

犠牲になることは

ないのです。

あなたが彼のことを忘れられないのは

あなたが彼から離れないように

調教されただけなのです。

逃げられたくないターゲットに

見えない鎖をつけていただけなのです。

あなたが彼を忘れられないのは

その見えない鎖のせいです。

見えない鎖とは、

彼と出会ったばかりのころに魅せられた

彼の魅力や優しさや愛の言葉です。

これは本当の優しさや愛情ではなく

ただ、都合のいいあなたを縛るためだけの

ターゲットを逃がさないための手段に

過ぎないのです。

自己愛性二人格障害のひとの

自分の中の

不安定な感情の処理をするために、必要な

苦しみから逃れるための

必死の行動なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする