自己愛性人格障害の彼と別れた後は会いそうなところには行ってはいけない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人と別れたあとは

会う可能性のある所にいっては

いけないということについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の彼と

やっとの思いで別れた方も見えますし

別れたくないのに

彼から一方的に別れを告げられ

泣く泣く別れてしまう人も

おみえになりますが

別れた後、彼に会う可能性のある所へは

絶対に行ってはいけません。

特に、彼から別れを告げられた場合は

ショックも大きく

どうしても気になってしまい

見に行ってしまう人も

けっこうおみえになりますが

新しい彼女がいたりして

よけいに傷ついて

帰ってくる方がほとんどです。

中には、あなたが行かなくても

わざわざあなたの周りを

うろうろして何度もわざと

新しい彼女との仲むつまじい姿を

見せてくることがあります。

普通の男の人は

自分が心変わりして

ほかの女の人のところへ行った場合

彼女の気持ちを考えて

できるだけ傷つけないように伝えたり

一度だけ別れ話をして

もう二度と彼女の目の前に

現れないのが普通です。

なぜなら自分の都合で彼女との関係を

終わらせなければいけない罪悪感が

あるからです。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

この罪悪感がありません。

そして、

自己愛性人格障害の頭の中には

自分が勝つか、負けるかの観点でしか

物事を考えられないので

なんとしても彼女の方が悪いことに

しなければならないのです。

普通のひとなら

中にはしばらく時間がたって

落ち着いたころに

友達として再スタートする場合もありますが

そんなときも

わざわざ元カノを傷つけるようなことはせず、

本当に良き友達として

お付き合いをすると思います。

ところが、

自己愛性人格障害の人は

罪悪感がないので

好きな女の子ができたときも

隠そうとせず、あなたに傷ついてもらわないと

何のために新しい女の子がいるのか

わからないというほどに

あなたに、わざわざ

見せつけてくることがあります。

偶然、どこかの場所で会うこともありますが、

わざわざ新しい彼女と

あなたの家の目の前に

引っ越してくることもあります。

わざとあなたに彼の近況が伝わるよう

友達やSNSなどを使って

ラブラブな雰囲気を写真や言葉を使って

何度も何度も見せつけてきます。

実際Tiaraの恋愛相談室をおとずれた方にも

もうどれだけの人たちが

それで「悔しい」と訴えてきたことでしょう。

何も知らない人から見ると

ただ単に彼女たちのほうが

別れた彼に未練があり、

忘れられないように見えますが、

実は、自己愛性人格障害の人たちが

彼女たちの悔しい気持ちや

忘れられない気持ちになるように

コントロールしています。

どん底まで突き落とす直前に

彼女たちの気をめいっぱい

惹く行為をしているからです。

何度もこういったことがあり

もう彼を信じられなくなった

彼女たちを

口説いて口説いて信用させ

もう2度とこんなことはしないから

また一緒にやっていこう、

と甘い言葉を耳元で繰り返すのです。

忘れてもらったら困るのです。

あなたに彼を嫌いになられたら

精神的に追い詰めることが

できないからです。

そしてそのあとなに食わぬ顔で

あなたをふり

ただ自分の幸せなところを見せつけて

傷ついている元カノの様子を見て

高揚しているだけです。

SNSの写真やコメントを

元カノと彼だけにしか

わからない思い出の場所にしてみたり

意味深に彼女のもとを訪ねてきて

「忘れられない」と

直接言ってみたり、

もう二度と傷つけたりしないからと

言ってしがみついておいて

彼女がその気になってきたところで

突然、ほかの女の子とくっついて

偶然をよそおい

イチャイチャしているところを

見せつけたり。。

そんなことをする人がいるなんて

世間の人は思ってもいませんから

友達に相談してみても、

彼女のほうが彼を忘れられず、

自意識過剰になっているようにしか

見えません。

ですがこれは、

自意識過剰なんかではないです。

むしろ、その逆で忘れたいのに

いちいち何度も何度も彼の存在を

うざいくらいに

アピールしてくるのです。

これは、彼のことがまだ好きな場合、

相当堪えると思います。

惹きつけているのは

自己愛性人格障害の彼のほうなのに。

それが分かるのは

一度でも、自己愛性人格障害の人を

見たことがある人だけです。

被害者本人だけなんです。

コミュニケーション能力に長けた

自己愛性人格障害ですから

分かりにくいんですよね。

ひどいことをした時ほど

むしろ周りの人には

びっくりするほど、

いい人であろうとします。

だから気づいている人も

少ないと思います。

本当にいい人なのではなく、

被害者が信用してもらえなくなるように

するために周りの人には

親切にしているのです。

ですが今はインターネットの普及により

自分で調べて知ることができますので

ずいぶんとメジャー化してきています。

昔はインターネットがなかったので

知ることもできず

被害者は本当に、

そうとう生きづらくなっていたでしょう。

自分で命を絶つ人も多いと聞いています。

自己愛性人格障害は、

本人でなく、被害にあった人のほうが

無残にもつぶされていくので

被害者のほうが鬱になったり

廃人のようになったりします。

だからこれ以上

自己愛性人格障害の人に

傷つけられてはいけません。

ですが自己愛性人格障害の人は

自覚なくやっていますので

自分のやることを止めることが出来ず、

あなたがつぶされている限り

症状はどんどん悪化します。

方法は1つです。

全力で逃げることです。

理屈で納得出来たり

まったく害を受けず

共存することが出来ないのです。

悲しいですが、

もう二度と彼の視界に入らないよう

あなた自身が気をつけることしかできません。

とことん防御するしかないのです。

それは自己愛性人格障害の人が

徹底的に来るからで、

それを防御しようと思ったら

彼に少しでも同情していると

精神を破壊されてしまいます。

彼は完ぺきにあなたをつぶすまで

離れようとしないからです。

もしかしたらつぶれても

まだつぶし続けるかもしれません。

それくらい恐ろしく

自己愛性人格障害の攻撃は

止まらないのです。

どれだけ今まで

いろんなことをしてくれてたとしても

やります。

だから本当に驚きます。

物質的に距離を置くか、

もしくはいっさいあなたの精神の中に

入れないことです。

少しでも彼を好きな気持ちが残っていると

心臓が引き裂かれるほどの

辛い苦しみを経験することになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする