自己愛性人格障害のひとにとっての第一印象

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとにとっての

第一印象について

お話ししたいと思います。

学校や親からよく

人と会う時は第一印象は

とても大事だと聞いたことはありませんか?

就職や進学などの面接、

または新学期始まったばかりの時の

対人関係など

第一印象が良いと

周りの人から良いイメージを持たれることが

多いと思います。

ところが、相手が

自己愛性人格障害だった場合、

あなたがいい人であればあるほど

あなたの愛想がよければよいほど

自己愛性人格障害のひとに

狙われやすくなります。

逆にあなたが人を選ぶときも

やはり第一印象の良い人に

心ひかれたりしませんか?

どんな人なのかな?と興味を持ったり

友達になりたいなと思う人の多くは

第一印象の良い人が

一番選ばれやすいと思います。

ところが、あなたも

Tiaraのサイトにたどり着いている限り

自己愛性人格障害について

少しでも知っていると思うのですが、

自己愛性人格障害のひとも

第一印象の悪い人はほとんどいません。

おそらく普通のひとよりも

とても感じがいいと

好感が持てるタイプが

ほとんどだと思います。

Tiaraはもう今は

普通の人と自己愛性人格障害のひとと

ほとんど見分けがつくので

相手が自己愛性人格障害かも

しれないと感じた人は

第一印象がいくら良くでも

すぐに気づきます。

その丁寧な物言いやユーモラスな会話、

優しい笑顔に親切な態度など

本当にいい人の態度と

自己愛性人格障害のひとの

印象の良さは

明らかに違うのです。

実際Tiaraが第一印象で

この人は少し気を付けたほうが

いいかもしれない、

と思った人は

たいてい自己愛性人格障害でした。

また普通に感じがいいなと思った人は

本当にただ、

いい人なだけの何の悪気もなく

裏表もない人物だったんです。

その違いは、

明らかに周りの目を意識して

聞こえるようにおもしろく話をしたり

あなたに親切にしたりします。

あなたに親切にしているところが

きちんと周りの人に伝わるように

気を使っているのです。

ですが、人のいないところでは

そんなにあなたに親切に

したりしません。

見ていないところでは

知らん顔をしていたり

また臆病度の強い自己愛性人格障害だと

気づかないふりをしたりして

あなたを避けるのです。

本当に人のいい人は

人が見ていないところでも

あなたにとても親切です。

あなたのことを知ろうと

必死に話をしますが

自己愛性人格障害のひとの態度は

いかに自分がいい人に見えるかを

基準に見て親切にしているのです。

本当にいいひとは

いつも気にかけてくれて

あなたがみんなの輪に

入りやすいようにするでしょう。

自己愛性人格障害のひとの人のよさは

あなたに親切にしているところを

みんなから見られるようなところで

していますが

あなた自身には全く興味がないのです。

あなたに丁寧にいろいろなことを教えたり

もしくはあなたと仲良くしているところを

周りの人に聞こえるように

アピールするのです。

ほとんどの場合、

Tiaraはここで気づきます。

Tiaraに本当に親切にしているのか

自分がユーモアあふれるいい人に見えるように

演じているかで分かります。

自己愛性人格障害のひとの親切は

すべて自分主体なのです。

そしてあなたに本当のことが

伝わらないように話しているときは

親切にしているように見えて

本当はあなたが失敗することを

誘発しているのです。

あなたももし、

自分が自己愛性人格障害の被害に

あったことがあるのなら

相手の様子を見て

瞬時に判断しなければなりません。

そして、

あなたに分かりにくいように物を話し、

自分が親切にしているところを

アピールしているだけのひとには

今後お世話になることは

極力避けたほうがいいと思います。

自己愛性人格障害のひとが

あなたに攻撃を仕掛けるスキを

与えてはいけません。

そのためにはあなたもしっかり

相手を見ることです。

あなたも相手をよく見て

先ほどの分かりにくい話をして

どうしてそういったのか

理由を求めて下さい。

すると、自己愛性人格障害のひとは

大変臆病なので

あなたに攻撃しようとしていたことを

必死で隠すため

あなたを警戒して

今後はあなたに攻撃を

仕掛けてこなくなるでしょう。

あなたが鋭いかもしれないと思うと

自己愛性人格障害のひとは

自分の正体がばれることを

極度に恐れるので

あなたは今までのように

のほほ~としていられません。

おかしいと思ったことを

周りに人がいる状態で聞き返し、

どうしてそんなことを言ったのか

明確にしようとすると

自己愛性人格障害のひとは

あなたを悪者にするためには

根拠がないので

ひたすらごまかして

答えようとせず、「もういいや。」と言ったり

「あとはこっちでやっておくね。」

と親切にしているふりをして

ごまかすのです。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

神経を張り巡らせて

相手がおかしいことを言っていることを

見逃してはいけないのです。

「こういう理由でこうしたのですが、

どうしてこのように言ったのですか?」と

あなたがみんなの見ている前で聞いてしまうと

あなたにおかしいことを言ったことが

周りの人にもばれてしまうので

その場はごまかしたとしても

もうあなたを警戒して

あなたには攻撃を仕掛けてこなくなる可能性が

高くなるのです。

だから、あなたも

あなたがどのような理由でそうしたのかを

明白にしなければなりません。

しかも、それをあなただけでなく

周りの人にもきちんと聞こえるように

敵対心なく、どうして?と

疑問文で伝えてください。

自己愛性人格障害のひとは

2人っきりの時の攻撃は得意なのです。

なんとなく、、なんてやっていると

いつでも自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになってしまうのです。

根拠のない嫌がらせを見逃していると

あなたは自己愛性人格障害のひとに

またいつでもたたかれてしまうので

特に知りあって初めのころは

自己愛性人格障害のひとに

きちんと向き合ってください。

少しでも彼がおかしいと思うのであれば

あなたは彼と距離を置いてください。

こじつけの嫌がらせをしようとした瞬間に

距離を置かれると

あなたは何かに気づいていると

自己愛性人格障害のひとが認識して

今後はあなたには嫌がらせは

しにくくなるでしょう。

自己愛性人格障害のひとから

攻撃されにくい体質になるには

自己愛性人格障害のひとの

おかしな言動を

初めから見逃してはいけないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする