自己愛性人格障害の人はライバル意識が半端なく高い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ライバル意識が半端なく高い

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

ライバル意識が非常に高く

自分が一番でないときがすみません。

そのため、あとから間違っていると

言われることが嫌いで

間違っていると人から言われないように

念入りに細かく調べてから

実行していたりします。

だから作業はとても細かい所まで

調べてから、

間違いのないようにしかしません。

それほどまでに間違いを指摘されることは

自己愛性人格障害のひとにとって

許せないことなのです。

だから自己愛性人格障害のひとに

間違いを指摘することは

非常に神経を使います。

何気なく

注意をしてしまったがために

ものすごく攻撃されるということもあるので

自己愛性人格障害のひとに

間違いを指摘する場合は

細心の注意が必要となります。

ですが自己愛性人格障害のひとは

極端に臆病な性格のために

そのため失敗が少なく丁寧なのです。

そして自分が一番でないと気が済まないので

優秀な人の話を聞くと

その人を蹴落とす話をして

優秀な人の評判を落としたり

自分でもできそうなことなら

調べて急に自分もできる顔をしたりします。

今日、会社で社内システムのことについて

ものすごく詳しい人の話が出ていたのですが

その話が終わった後

急に自己愛性人格障害のひとが

社内システムについて

調べだしたり、別の社内システムについて

詳しい人に電話をして

聞きだしたりしだしたのです。

ほかの人には

彼が一生懸命仕事をしているようにしか

みえなかったと思いますが

Tiaraは先ほどの話を思いだし、

そのあまりの必死さに感心してしまいました。

おそらくもうしばらくしたら、彼は

その社内システムについて

調べつくし、完ぺきにしてしまうと思います。

自己愛性人格障害のひとは

このような特徴があるのです。

これが自己愛性人格障害のひとが

本当は責任感が全くないのに

素敵に見えてしまったり

本当に仕事ができるようになる原因で

自己愛性人格障害の特徴が

すべていい方向に働いたときに

起こる特徴です。

この特徴のために

自己愛性人格障害のひとは仕事ができて

しかも同時に他人を蹴落とす特徴のせいで

彼より優秀な人を蹴落とし、自分は努力の末

仕事ができるようになり

人から指摘されることを極端に嫌うため

細心の注意を払いますので

ミスも少ないです。

これが自己愛性人格障害のひとが

魅力的に見え、

責任感のある立派な人物に

見えるわけなのです。

そして尊大な自分を魅せつける特徴も

合わせ持つため

とても素敵で魅力的な人物が多く

恋愛を精神的虐待に使うことができるのです。

彼に魅力を感じて近づいてしまった人は

ターゲットとなり

やがては落とされて彼を称賛したり

彼のおなかの中の怒りを受ける

存在となってしまうのです。

そして何かあった場合

あなたは彼の責任をすべて負うことになり

自己愛性人格障害のひとは

すべての責任をあなたに押し付けて

逃げてしまうでしょう。

このように魅力はすべて自分のものにし

悪いことはすべて人に押し付けて

責任逃れをしますので

より自己愛性人格障害のひとは

魅力的に見えるのです。

自己愛性人格障害の人は

自分にとって非常に都合よく

事が回ってしまうので

自分の状態に気づきづらく

また人のことを思いやることが

できない人物となっていってしまうのです。

だからどんなに素敵な人物に見えたとしても

あなたが苦しく辛い思いをして

何かがおかしいと感じるのなら

自己愛性人格障害のひとに

決して近づいてはいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする