自己愛性人格障害の彼から離れて楽になりたいときの心がけ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人と

うまくいきたいのにうまくいかないあなたへ

どうしてうまくいかないのか?

ということについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人の言うことを聞いて

なるべく穏便に済ませたい

と思っている人がたまにいますが

それは違います。

普通の一般常識で考えたら

それがいいと思いますし、

あなたが相手に寄り添うことによって

彼が、「あ、俺の気持ちを分かってくれたんだ。」

と思うようになる、ということは

そのとおりだと思います。

ここまでは普通の人と同じです。

でも、自己愛性人格障害の人が

普通の人と違うと言うことは

すべてにおいて、普通の人と反対だと言うことです。

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

相手のいいところだけを見よう、

と心の広い人が多く、

それはあなたが少しでも平和でいたいからです。

できるだけ、相手に寄り添うことで

穏やかな関係を保ち

彼とこのまま幸せになりたいと願うからです。

でも、自己愛性人格障害の人は

あなたが寄り添えば寄り添うほど

攻撃しやすくなってしまうのです。

あなたが我慢をすればするほど

世間の人に彼が、あなたに

精神的虐待をしていることが

ばれにくくなります。

自己愛性人格障害の人にとって

あなたの優しさはモラハラをするのに

都合のいいものになってしまうのです。

そしてあなたは

彼とこじれればこじれるほど

まだ私の気持ちが伝わってないと

どんどん彼に寄り添うようになっていきます。

かれに寄り添えば寄り添うほど

彼の攻撃は激しくなり

あなたはどんどん苦しくなっていきますよね?

ではどうしたらいいと思いますか?

答えは彼に寄り添わないように

できるだけ彼に無関心になればいいのです。

そんなことを言われてもあなたは

「そんなことをしたら恋人ではなくなってしまう」

と言いたくなりますよね?

そうです。

自己愛性人格障害の人とは

個人的な密なお付き合いをしてはいけないのです。

これは元も子もなくなってしまう話なのですが、

自己愛性人格障害の人は

なかなか自分から離れていかないような人を

信頼してやります。

自分のことを相手が好きで

うまくやっていきたいと思っているから

精神的な痛がらせをしても

彼がちょっと「ごめん。」

と優しくすれば、

すぐにあなたが許してしまうことを

知っているのです。

だから自分に対して思いやりや

愛情をかけてくれる人にやります。

自己愛性人格障害の人に寄り添ってはいけないのです。

そして付き合いが長くなればなるほど、

深くなればなるほど、

結婚と言う文字が頭に浮かびはじめます。

そして、結婚までいってしまうと

今度は子供ができたり、あなたが専業主婦になって

仕事をなくしてしまったり、

離婚できない、と言うさまざまな理由から

自己愛性人格障害の彼からなかなか

離れにくくなります。

すると以前よりももっと強い力で

嫌がらせを強めてきたり、

旅行に行く約束をすっぽかいしたり、

家の中で無意味に無視をする時期を増やしたり

長くしたりします。

自己愛性人格障害の人のモラハラ行為は

彼から逃げることのできない心情や

物理的に離れられない人に対して

どんどん強くなっていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする