自己愛性人格障害のひとがあなたと別れた後にさみしがるわけとは?

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害が

あなたと別れたあとに

寂しがるわけについてお話しします。

あなたと別れてしばらくすると

彼から

「あなたのことばかり考えているよ。」

とか

「あなたがいないと寂しくてたまらない。」

とか

「あなたが他のひとにとられると思うと

気が気じゃないんだ」と

熱烈に言われたりしませんか?

大好きな彼から

そんなことを言われてしまうと

今すぐにでも

会いたくなってしまいますよね。

でも自己愛性人格障害のひとは

本当にあなたの事が好きで

そういっているわけではありません。

もしかしたら彼自身も

本当に寂しくて

そう言っているのかもしれませんが

厳密に言うと、

普通の人の愛情とは少し違います。

自己愛性人格障害のひとの

物の考え方の癖というものがあって

本人はそんな気はないのですが

どうしても普段からずっと

物事をすべて

自分主体でしか、

かんがえることができません。

人のきもちが傷つく、とか

辛い思いをしている、ということは

どうでもいいのです。

わざわざ傷つけてでも

自分のほうが優位にたてると思えば

それがたとえ恋人や両親

そしてたとえ自分の子供だとしても

平気なのです。

しかし、自分主体で考えて

自分がひどいことをしている、

と思われるのは

強烈なほどに怖いので絶対にしません。

ですが、ターゲットになるような人は

どんなにひどいことをしても

歩み寄ってくることを知っているので

傷つけても平気なのです。

このことから

彼を大好きなひとや

彼と別れたくないからと

頑張っているひとは

即座にターゲットになります。

普通のひとなら

自分のことを愛してくれるひとには

せいいっぱい

応えようとするでしょうし、

応えられないまでも、

自分のことを大切にしてくれるひとを

大事にしようとするでしょう。

あなたは彼が普通のひとだと

思い込んで

せいいっぱい努力をしてきたので

とんでもなくひどい

奴隷になっています。

そのことに気づかずに

彼にわかってもらおうと

自己愛性人格障害のひとには

逆効果なのを知らずに

どんどんターゲットに

なっていってしまうのです。

彼があなたと離れて寂しいのは

時間をかけてすこしづつ

気づかれないように

育ててきたターゲットに

ここで逃げられてしまったら

自分がなんのために今まで一生懸命

やってきたのか分からなくなります。

そして、また一から別のターゲットを

育てることは

それなりに時間も労力もかかるので

あなたを逃がしたくないのです。

あなたに逃げられることが

何よりも不安なのです。

ところが普段は、あなたが

自分から必死に彼に歩み寄ってきているので

そんなことを思いもせず、

あなたに小さな嫌がらせを

気づかれないように徹底的にやっています。

もちろん、自己愛性人格障害のひとも

その程度により

自分がそんなことをしているなんて

気づいていない場合も

気づいていてやっている場合も

あります。

この場合、どちらかというと

気づいていてやっているほうが

自己愛性人格障害の程度としては

軽いでしょう。

ひどければひどいほど

全く気づかずにやっていて

自分はいい人だと思い込んでいます。

気づいていてやっているひとは

もしかしたらサイコパスか

逆に普通のひとで単に

性格が悪いだけの場合もあります。

世の中には

単に性格が悪いだけのひとのほうが

多いですし、

単に性格が悪いだけのひとは

なにかのきっかけで

反省してやめることもあります。

ですが、自己愛性人格障害の場合は

自覚をすることがないので気づかないのです。

そして本当に

あなたを失いたくないという血相で

連絡してくるので

あなたも彼のことを信じてしまい

2度と彼と離れたくない!

と思ってしまいます。

その思い込みによって

次に彼とくっついた時には

前よりもさらに我慢してしまい、

お互いに症状がひどくなってしまうのです。

彼があなたと別れた後に

強烈にしがみついてくることは

あなたを離したくなく

そして戻ってきたときは安心して

もっと以前よりも

ひどい嫌がらせをしても平気になり

どんどん症状が悪化していくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする