自己愛性人格障害の人があなたをつぶす理由

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の

後遺症について

お話ししたいと思います。

毎日たくさんの方々のコメントや

相談を受けていますと、

本当にひどいものも多く、

tiaraも元々が共依存なので

つい寄り添いすぎてしまい、

本当に胸が締め付けられる思いがします。

相談を受けている方の

tiaraでさえ、そんな感じなので

当事者の方は、

本当に辛い思いをしていると

思います。

自己愛性人格障害の被害に遭ったと

あとから気づいて

人に寄り添うことが怖くなり

人に優しさを

向けられなくなってしまったり

人を助けたりしたいと思わなくなった

と言う方がみえますが

それは当然の感情だと思います。

聞いているうちに

Tiaraの彼ではないのですが

彼もそういう心情だったのか

と思ってしまったりするときもありますが、

やはり違った面もあるし、

自己愛性人格障害にも

程度がありますので、

ひどい人から軽い人、

自分でなんとなく気づいている人から

全く気づいていない人まで

いろいろいると思います。

ですが、根本的には同じで

脳の前頭葉の感情をつかさどる一部が

固まっており、

共感力を使わないように

なってしまっていますので

人の気持ちが分からないのです。

共感力を使うととても辛い状況だったので

知らないうちに共感力を使わない生き方を

身に着けてしまったといえます。

自己愛性人格障害とは

生まれつきではないので

育った環境でとてもつらい幼少期を

過ごしたことが

原因とされています。

なので自己愛性人格障害の人を

変えようと思っても無理なのです。

あなたが辛いのは

愛する彼が、きっとあなたの気持ちを

分かってくれると考えてしまうからです。

それは彼が病気ではなく

自分の意志でそうしている場合は

分かってくれて「ごめんよ。」

ということもあるかもしれませんが、

自己愛性人格障害とは性格ではなく

病気です。

ですからいくら話し合おうとしても

無理なのです。

あなたが彼に寄り添えば寄り添うほど

拒否や否定をしてきますので

あなたがそんなに寄り添わなければ

彼の拒否否定も少しは収まります。

そもそもが

あなたを否定するために

あなたに思いを告げてきたようなものですので

なんで?と言われても

自己愛性人格障害とはそういうものなのです。

自分の価値を見るためにあなたを

否定してつぶし、

それでも近づいてくるあなたを見て

自分にはそれほどの価値があるのかと

満足して高揚します。

自分の価値の確認作業を常にしていないと

自分が生きる価値にない人間のような気がして

気が狂いそうなほどつらいのです。

あなたは自分の価値を見るための鏡で

あなたに自分の価値を映していないと

気が収まらないのです。

あなたはそんな

つぶされるような人間ではありません。

ひどいことをしても許してくれる

そんな極端に優しい人間だと

自己愛性人格障害の人に見込まれて

そんなことをされているだけなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする