自己愛性人格障害のひとは何もしていないような顔をして小さな嫌がらせを徹底的に常にしている

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

何もしていないような顔をして

小さな嫌がらせを徹底的にしている、

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraは会社の

自己愛性人格障害の女性を

見誤ったことを

とても残念に思っています。

こんなにも、

もう自己愛性人格障害の罠にかかるか!と

警戒しまくっているTiaraでさえ、

不覚にも仲良くしてしまいました。

Tiaraの目の前の席の男性が

あまりにも優しすぎて

心配になるくらい優しくて

その人と仲の良い女性の

ホンワカした楽しそうなやり取りに

2人に対して好感を持ってしまったため

1人1人の切り離しが

できていなかったのでしょう。

そういえばこの男性が

たまに

ものすごく機嫌の悪い顔をしていますが

女性のほうが

「今日朝からなんか○○さん

機嫌悪いもん。」

と言ってくるので

とても嫌な人に見えない男性ですので

「そんなときくらい誰だってあるよ。

きっと何か今日は機嫌が悪いんだね~。

あの人のことだから

そのうち機嫌治すと思うよ。」

結局、その男性の機嫌の悪さは

女性の嫌がらせに耐えていたからでした。。。

やはり、女性は初め

Tiaraに優しく

フレンドリーに接してくれていたので

自分に親切にしてくれると

周りの人がされていることに

気づかないのです。

バカです。

ごめんなさい。

誰に謝っているか分かりませんが

こんなにも特徴が分かっていながら

まだ見抜けていないタイプもいるのです。

だからみなさんが見抜けなくても

全然問題ありません。

それくらい、自己愛性人格障害のひとは

分かりにくいのです。

だから、周りの人も

自分に親切にしてくれていれば

ほかの人にモラハラしていても

分からないかもしれません。


やはり自分の身を守るのは

自分だけなのです。

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

問題になるほど、

大きなものではありません。

ターゲットには無視をしておいて

その人以外の周りの人全員には

優しくする、とか

物を隠してその隠したものを

またもとに戻しておく、

とか普通のひとでは

考えられないやり方をします。

そうすることによって

ターゲットになった人だけが

嫌な思いをする、

という

やり方を何度も何度も行います。

いつも同じやり方をしていては

ばれてしまうので

毎回毎回違ったやり方をしたり

やり方を変えたり

あの手この手で

いろいろな嫌がらせを

常にしています。

1回や2回なら

その時に嫌な思いは

少しするかもしれませんが

すぐに忘れてしまいます。

ですが、

それを繰り返し繰り返し行われると

それは

ターゲットの心にとって

かなりの負担になってきますし、

また今度は何をされるのかと

ひやひやしてきたり

ドキドキしてきたりします。

怒るに怒れないことを

頻繁にされるので

ターゲットの心の中は

イライラがつのり

ターゲットのほうが

怒り狂うことがあります。

ですが、

そうなると自己愛性人格障害のひとの

思うつぼですので

さらに大っぴらに

ターゲットを悪者にすることができます。

だからターゲットにされているな、

と感じるときは

視界に入れないください。

そして無関心になって

ほかの人に気を向けてください。

ただ、あなたの友達や仲の良い人は

自己愛性人格障害のひとに

知られないでください。

知られてしまうと

仲を壊そうとしてきます。

そして自己愛性人格障害のひとは

必ず味方を作ろうとしますから

あなたも味方をどんどんと

自己愛性人格障害のひとに負けないように

こっそりとどんどん作っていってください。


自己愛性人格障害のひとは

共感力というものが壊れていますので

他人がどうなろうとどんな目に遭おうと

知ったことではありません。

それなのにあなただけが

相手の気持ちを考えて

遠慮していると

本当に何もしてないあなたを徹底的に

痛めつけます。

Tiaraはそれを何度も見ています。

それぐらい自己愛性人格障害のひとは

常に人が嫌がることだけをし続けて

あなたが発狂したところを見て

自分だけ落ち着いているのです。

だから、落ち着いている

自己愛性人格障害のひとを見ても

誰も病気だとは思いませんし、

むしろ発狂したあなたのほうが

病気に見えてしまいます。

ですが、ターゲットにされたほうは

本当はとてもやさしくて

相手のためを思って

ひどいことができなかったり

我慢をしたりしている人が

最後に発狂してしまうのです。

そして自己愛性人格障害のひとは

異常なほど徹底的に

人が何をしているのか見ていて

あなたの苦手なことや欠点も

覚えていきます。

そして使えるときにいつでも小出しにして

あなたを徹底的に落とし入れようとします。

だから病気なのです。

普通の人はそんなことしません。

だから我慢をしてはいけません。

もちろん発狂をしてもいけませんし、

自己愛性人格障害のひとに

敵対心を見せてもいけないのです。

ただ、これは、

常に日々嫌がらせを驚くほど

常にされている

あなたにはとても辛いことでしょう。

ですから、

あなたは自己愛性人格障害のひとが

いったい何をしているのか

よく見ておくことです。

証拠に書き留めておく

ということをしてもいいでしょう。

Tiaraも昔は

そんな嫌がらせを

わざわざする人なんていないと思っていて

油断をしていたのですが

ふたを開けてみれば

自己愛性人格障害のひとは驚くほど

常に人の欠点や話は集めていますし、

それをネタに

いつ笑いものにしてやろうかと

異常な執着心で

そんなところばかり見ています。

自己愛性人格障害のひとは

そんなことよく知っているな、

と思うことをよく覚えています。

Tiaraも自己愛性人格障害の女性に

帰り道、どっちからTiaraが帰っているのか

指摘されたことがありましたが

駐車場の位置も全然違うのに

よくどこから帰っているか知っているな、

と思いました。

Tiaraもその子の車は知っていますが

会社の前の信号で

別々の横断歩道を渡り

反対方向に歩いていくので

彼女の駐車場は遠い、と思っていますし、

わざわざそっちのほうを

見ていたりしたこともありません。

Tiaraの会社は駐車場だけで

ちょっとした

テーマパークほどの広さです。

「いつもあそこの道を曲がっていくよね?」

と言われたことがあったのですが

どこから見ていたのでしょう?

「ごめんね。小姑みたいなこと言って。。」と

言われたのですが

入ったばかりのTiaraが

会社のルールを知らなくて

決まった順路ではないところから

出ていたようです。

「いいよいいよ。

教えてくれてありがとう。」

その時は彼女がまだ

自己愛性人格障害だとは

気づいていませんでしたが、

彼女の駐車場は信号1本分ほど遠いので

よくTiaraの車だと分かったなという感じです。

以前彼女に会社帰りに

お茶に誘われたことはあったので

Tiaraの車は1回は見たので

車種くらいは分かるかもしれません。

Tiaraは帰るときは

家に帰ることしか考えていないので

人の車などいちいち気にしていません。

たまたまどこかで会えば分かりますが、

社内の駐車場の

Tiaraが曲がったところを

彼女が通ることはないと思われるルートです。

今も不気味に黙っていますが、

Tiaraが帰ると

周りの人と何か話しているようで

Tiaraが会社を出るまで

帰ろうとしません。

もともとTiaraは定時に帰る習慣はなく

仕事のちょうど切りのいいところで

帰っていました。

ところが彼女に定時で帰るよう誘導され

帰りは彼女が待っていてくれたので

悪いな、と思い、

彼女に合わせてバタバタと帰る

習慣になっていました。

最近、彼女の様子が

変わってきたことに気づいて

Tiaraも定時で帰らず普通にしていると

タイミングをずらすのに必死です。

ですが、こういうところで気を抜いていると

本当にとんでもないことに

なっていたりするのです。

そして、Tiaraが今まで見てきた

自己愛性人格障害のひとも

同じような行動をとり、

その人がいないところで

誰かと話すチャンスを作るのに必死です。

被害者は休んだり、遅刻をしたりしたら

大変なことになっていると思います。

彼女にとっては

会社とは仕事をするところではなく

お金をもらいながら誰かに嫌がらせをし、

悪者を作って

面白おかしく話すところなのです。

女性の自己愛性人格障害のひとに

対応をしたことはなかったのですが、

本当に細かいところに

気をまわしながら

仕事をしていなければなりません。

これでは仕事どころではないのですが、

そんなことをしていたら

肝心の仕事がダメになってしまいますので

自分の大切なものは何かを見極め

それだけは

ちゃんとやっていかなければなりません。

自己愛性人格障害のひとに悩まされて

自分のことができなくなってしまう人が

多いですが、

自己愛性人格障害のひとは

そんなことをしていなければ

いられない性質なので

それにとらわれず

あなたの大切なことに

気を回すようにしてください。

自己愛性人格障害からの

被害だけは防御し

後は自分の世界を

きちんと大事に守ってくださいね。

こんな中でも少なくともTiaraは悩まず

気持ちだけは仕事を覚えることに専念して

その上で対策を考えながら

彼女を防御し攻撃されないように

気を向けないようにしながら

会社にいるのです。

自己愛性人格障害の被害者は

本当に大変です。

ですが、自己愛性人格障害のひとも

忙しくてたまらないようですね。

そんなところにばかり必死になっているので

自己愛性人格障害のひとは中身のない

外張りばかりになってしまうのです。

Tiaraの元彼もそんな風だったのなら

本当にショックです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする