自己愛性人格障害の人は自分が何をしているのか本当はなんとなくわかっている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分がなにをしているのか

なんとなくわかっている

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

自尊心があまりにも低いことに耐えられず

他人を自分よりも下に見て

自分を持ち上げようとしますが

そのたびに他人をつぶしてしまいます。

それは、自分の生きる価値を

必死に作り出そうとして

無意識にやっている行為なのですが

たまに気づいている自己愛性人格障害の人を

見かけます。

自分でも、何となく付き合いが

長続きしないことを分かっていて

関係性が深くなりそうになると

距離を置こうとするひとを

回避依存症と言います。

関係が深くなり、

自分が激化することが怖いのです。

回避依存症とは束縛を嫌い、

本当の自分が見せられないと

いわれていますが、

自己愛性人格障害の症状と非常に

よく似た特徴を持っていることがあります。

その場合、自分が関係性が深くなると

激化してしまい、本当の自分を魅せるほど

関係を深くするのが怖くて

逃げてしまうのではないかと思います。

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

自分で「これ以上続くと俺がもたない。」と

言っていたことがありましたが

その時は何を言っているのか

よくわかりませんでした。

そのあとしばらくして激化したわけですが

あの段階で別れていれば

自己愛性人格障害だと

気づかなかったかもしれません。

回避依存症と自己愛性人格障害の

類似する特徴も多く

もしかしたら回避依存症とは

自分が自己愛性人格障害だと知っていて

激化して醜いところを見られる前に

離れてしまおうとする人たちのこと

ではないかと思います。

この症状がもっと続いて

自分の異常性に気づき

何とか自分で抑えようとするところまで来ると

治療ができる段階まで来るのかもしれません。

それには本人の自覚と

自分の症状への恐れ、

人との関係を壊してしまうことへの恐怖を

克服したいと願う本人の強い意志が必要です。

そうすると自己愛性人格障害よりも

もっとつらい状況を味わうことになるのですが

この段階まで来ることが

治療の第一歩と言われています。

自分がひどいことをしていることを

自覚してしまうと

自分が尊大な存在だと認めていないことになり

虐待を自覚をすると自分が

ひどい人間だと認識することになりますので

麻薬患者を治療するのと

同じくらいの苦しみを

味わうといわれています。

中には自分で自己愛性人格障害だと

気づいている人たちがいるので

気づいている人が

一番苦しんでいるのかもしれません。

自分の中の怒りを抑え、

周りにいる人に危害を加えないように

平穏を保って知ることは

何よりも難しいでしょう。

自己愛性人格障害とは

本人も知らない間になっているものであり

幼いころの体験が原因と言われています。

あなたにもし子供が出来たときには

暖かい愛情を込めた環境を

子供の為に用意してあげることが

必要不可欠であり

そうでない環境の場合は

その子の将来を考えると

子供は作るべきではないとTiaraは思うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする