自己愛性人格障害のひとにあなたの辛そうなところを見せないでください。

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

あなたの辛そうなところを見せてはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人から

しばらく無視をされたり、

嫌味を言われたりしても

辛そうな顔をしたり、

不快な態度をとってはいけません。

 

なぜなら自己愛性人格障害の人は

普通の人とすべてが逆に動いているので

彼のいうことに

あなたが嫌な気持ちになったのではなく、

自己愛性人格障害の人は

初めからあなたを不快にさせるつもりで

やっています。

 

だからあなたが彼からされることに

堪えたり、不快な顔をしたり

泣いたり、つらそうな顔を

見せたりしてはいけません。

 

彼はあなたが、どんな態度をとろうが怒るので

怒らせないようにするには

どうしたらいいか、と考えたり

自分のどこが悪いんだろうと考えると

どんどん辛くなります。

 

 

だから自己愛性人格障害の人は

こじつけでなんでもあなたにせいにする、

と始めから思っておいたほうが

いいでしょう。

 

あなたのせいではないのです。

 

それをあなたのちょっとした言葉や

表情などからでも

いくらでも悪く言うことができるので

いちいち気にしていたら

何もしていないのに

ずっと気にしていなければなりません。

 

そしてあなたがそんなに苦しんでいても

自己愛性人格障害の人は

少しも自分が悪いとは

思っていないのです。

 

それなのに

どうしたら彼を怒らせないで済むのかと

ずっと考えていたら

あなたのほうが病んでしまいます。

 

自己愛性人格障害の人のねらいは

あなたを正気でいられなくすることなのです。

 

あなたが正気でいられなくなれば

いくらでもあなたを

悪者にすることができます。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自責の念が全くありませんので

常に冷静なことが多いです。

 

そこで

あなたのほうが取り乱してしまえば

あなたを悪者にすることは

簡単なのです。

 

何もしていないはずなのに

あなたは

どんどん責め立てられることになりますので

理不尽な思いと悔しい気持ちで

いっぱいになり

さらに取り乱して辛い思いを

しなければなりません。

 

 

だから初めから自己愛性人格障害の人が

何をしているか予想しておくべきです。

 

そうすることによって

少しづつあなたは平常心を取り戻し

冷静な判断ができるようになるのです。

 

そして自分が

何もしていないことに気づきます。

 

そして、彼があなたが取り乱すように

仕組んでいることも

読めるようになるのです。

 

自己愛性自覚障害の人が

わざとらしくつくため息も

あなたのせいではありません。

 

自己愛性人格障害の人が

もともとおなかに抱え込んだ怒りを

あなたのせいだと思い込んでいるのです。

 

少し冷静になれるようになると

あなたが何もしていないことに

気づき出します。

 

あなたは初めから

自分を責めることも

彼をなぜ怒らせたか、

悩む必要もなかったのです。

 

自己愛性人格障害という病気を

知らないと

なかなか気づけないと思います。

 

まさか何もしていないのに

機嫌が悪くなる人がいるなんて

常識では考えられないからです。

 

世間の人は誰かの機嫌が悪いと

どうして怒っているのか、

怒っている理由を探し出そうとし

思い当たるものをきっとそうだ、

と思い込みます。

 

この考え方だと

怒っている人がいるときは

怒らせている原因が必ずある、

と思い込んでしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その育ち方により

幼いころから共感力がないため

人の感情を感じることができません。

 

そして自尊心のあまりのなさに

もともとおなかの中に

不安と怒りを抱え込んでいる病気です。

 

 

この人のそばにいる人は

みんなこの怒りを

そばにいる人のせいにされる

可能性があります。

 

ですが、もともとがおなかに

今にも爆発しそうな怒りを

抱えた人たちが存在することを

知っておいてください。

 

そしてその怒りは

ものすごく大きくて怖いので

気づいても知らん顔をして

気づいていないふりをしていてください。

 

あなたが理解しているだけでも

ずいぶんと違ってきますよ。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください