自己愛性人格障害の人の本当の気持ち

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

本気で恋をすることがあるのか

という疑問にお答えしていきたいと思います。

自己愛性人格障害の人との

恋愛が終わった後に

誰でも思うと思うのですが、

自己愛性人格障害の彼が

あなたのことを

本気で好きだったことはなかったのか

という点です。

出会って初めのころは、

普通の男女が出会うのと

同じようにお互いに

何らかの魅力に惹きつけられて

出会うと思います。

現に、自己愛性人格障害の人本人からも

たまにコメントをいただいたりすることが

あるのですが、

彼らは本気で恋をしていると思っていて

自分の感情が

どこから湧き出てくるのか分かっていません。

もちろん普通の人も

どこから気持ちが湧き上がってくるかなんて

分かっていないと思うのですが、

話を聞いているうちに

だんだん違うことが分かってきます。

それでも別れるときに

どうしても相手を手放したくないとか

相手に振られることが恐ろしくて

耐えられないそうです。

その感情を本人も恋だと思っているのですが

厳密にいうと違います。

自己愛性人格障害の本人も

自覚しているのかわからないのですが、

相手を自分に惹きつけたい、と

強烈に思うようです。

そして相手の気持ちが

自分に向くまで必死で努力します。

その努力は普通の人では

考えられないほどです。

そんな熱く気持ちをぶつけてくる彼に

あなたの心も動かされたと思います。

自己愛性人格障害の人の

コミュニケーション能力の高さを

ふるう絶好の機会だと思います。

そんな彼の気持ちを疑う人なんて

誰もいないでしょう。

ですがそれは

自己愛性人格障害の人の

承認欲求のようなもので

相手から自分が特別な存在だと思われたい

という気持ちが強烈に働きます。

それは普通の人が恋に落ちる瞬間と

ほとんど変わりませんが

違うのは相手の気持ちがよくなる、

ということには

驚くほど無関心です。

ですが、自己愛性人格障害の人も

その時は夢中なので

まったくそんなつもりもないでしょう。

たとえば普通の人は恋をすると

相手の人が自分といることで

幸せを感じてくれると嬉しい

と思いますよね?

ところが、

自己愛性人格障害の人にとって

相手の気持ちが自分のことで

いっぱいになっていてくれさえすれば

あなたが不快な思いをしていようと

どうでもいい、ということなのです。

出会って初めのころはその自分の気持ちに

気づく自己愛性人格障害の人も

少ないと思います。

ただ、必死で自分に夢中になってくれるように

ふり向かせることに夢中なだけです。

ですが、相手が

自分に夢中になってくれている気持には

満足します。

でもそれだけです。

それは厳密にいえば

恋ではないと思います。

もちろん自己愛性人格障害の人は

その気持ちを恋だと

思っていますけどね。

本当の恋も、

もちろん相手を振り向かせたいでしょうが、

もっと相手の気持ちも大事にしませんか?

自己愛性人格障害の人には

それがないのです。

普通は、相手が嫌がっていたら

やめてあげようと思ったり

また相手が嫌がっている相手が

自分でないとしたら

一緒になって怒ったりしますよね?

ですが自己愛性人格障害の人は

相手が嫌がったり悲しそうな顔をすると

自分のほうが上だと満足して

少しづつ少しづつ どんなことをしたら

あなたが嫌がるのかを

リサーチしながら

あなたに気づかれないように

嫌がらを強めていくのです。

彼は病気なので、

もちろん無意識だとは思いますが

あなたの嫌がる様子や

かなしそうな顔をしているところを見て

気分を高揚させ、満足していきます。

そしてあなたが何らかのタイミングで

彼のことが嫌になり離れそうになると

全力でしがみついてきて

あなたが離れてしまったことに

後悔するのです。

それはあなたに嫌われてしまったから

悲しんでいるのではありません。

あなたが嫌がらせを受けて

彼から離れたくないがために

必死で縋り付いてくると思っていたのに

離れてしまったので

あなたの辛そうなところを

見ることが出来ないため 後悔しているのです。

自己愛性人格障害の人は

愛を失ったから後悔するのではなく

嫌がらせをしても彼から離れず

苦しんでいるあなたを 見ることが

出来なくなるために 後悔するのです。

そんな時に彼が見せる悲しそうな顔は

失恋のつらさではありません。

もっとあなたを惹きつけておいてから

嫌がらせをすればよかったと後悔しているのです。

自己愛性人格障害の人の辛さは

自分が一生懸命育てたターゲットに逃げられることが

耐えられないほどの苦痛だということを

覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする