自己愛性人格障害の人の攻撃心をあおらない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

攻撃されないためのちょっとしたコツその2を

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人には

好かれても嫌われてもいけないと

普段からよくお話ししていますが、

あなたのお話が聞こえてしまったり、

あなたの失敗がみえてしまったりすると

自己愛性人格障害の人はそれをストックしていて

いつでも都合のいいとき

あなたを脅す攻撃に使います。

だから

普段から話し方には

特に気を付けなければいけません。

そして、最も怖いのは

敵対心を見せてしまうことです。

敵対心を見せると

自己愛性人格障害の人は、

あなたにそんなつもりがなくても

あなたにつぶされると思ってしまい

極端な恐怖心から全力であなたを

つぶしに来るので

いきなり激化します。

だから自己愛性人格障害の人に

怒りをぶつけてはいけないのです。

でも、自己愛性人格障害の人と話をしていると

腑に落ちなかったり、

あなたの何でもないことから

あなたに落ち度があるように言われてしまうので

言い訳したくなったり、

違うと言いたくなってしまい、

わかってほしくなったりします。

ですが、もともと自己愛性人格障害の人は

あなたが反抗してくることを想定して

話しているので

その餌に引っかかってはいけないのです。

あなたに反抗されても

それを覆いかぶせるように

あなたを悪者にすることが出来てしまうので

反撃してきたあなたを

さらに追い込むことが出来ます。

分かってもらおうとして

話したこともすべて

あなたの知らないうちに

あなたを責める材料になってしまいますので

話せば話すほど

おかしくなります。

自己愛性人格障害の人からすると

話し合いはあなたを責め立てる

絶好のチャンスなのです。

自己愛性人格障害の人に

分かってもらおうと話をしても

その話の内容の正当性やあなたの気持ちなど

彼には関係がないので話しても無駄です。

それどころか

彼はあなたに苦痛を与え

いかに自分が立派かを見せつける為に

話をしているだけなのです。

あなたが取り乱せば乱すほど

自己愛性人格障害の人は

満足してさらにあなたを追い込み

高揚しますので

まともに話し合ってしまうことは

あなたの精神状態を不安定にさせるだけです。

だからできるだけ聞き流し、

自己愛性人格障害の人に反対も賛成もしないで

感情の薄い反応をして

ただただ自己愛性人格障害の人の

言いたいことを吐き出させてください。

自己愛性人格障害の人の被害にあいやすい人は

共感力の強すぎる人が

多いですが、

彼の怒りにも悲しみにも共感しすぎてしまうと

そのあとで否定や拒否をされたときに

辛くなりすぎてしまうので

できるだけ共感しないようにしてください。

あなたの心が壊されるほど

簡単に無価値化されますので

彼に寄り添えば寄り添うほど

その理不尽さに耐えられなくなりますので

できるだけ寄り添わないほうがあなたの為です。

自己愛性人格障害の人は

魅力にあふれた方も大勢いてTiaraの印象だと

とてもモテる方も多いのですが

その恋の結末は本当に悲惨なものになります。

できるだけ無関心になり

攻撃の的にならないように

刺激をしないように無関心になり

少し心の距離を置いて

事務的な付き合いだけにされてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする