自己愛性人格障害のひとの症状に誰も気づかない理由

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

目的について

お話ししようと思います。

あなたが彼の前で堪えている姿を

見せてはいけないと

いつもいっていますが

これには理由があります。

自己愛性人格障害のひとは

自尊心が極端に低いため

回りの人を自分より下にみることで

高揚し、かろうじて

自分の自尊心を保つことができます。

自己愛性人格障害とは

いじめ依存症のように

言われることがありますが

自分から離れていかない人を

潰すことによって

満足しているわけではありません。

あなたが、完全に潰されて

彼から離れていってしまっては、

意味がないのです。

自己愛性人格障害の目的は

パートナーを潰すことでは

ありません。

あなたが、彼から離れていかずに

苦しみ続けるところを見ることによって

自己愛性人格障害のひとは

満足するのです。

あなたが苦しんでいるところを見なければ

嫌がらせをしている意味がありません。

自己愛性人格障害のひとの目的とは

あなたがくるしむところを見て

あなたよりも自分のほうが

上だと思うことに満足することで

あなたを虐待したいわけではありません。

むしろ目的は

あなたが苦しむところを見るためなので

そのためにわざわざ嫌がらせをしていると言えます。

だからあなたが嫌がっているところを

見せなければ、

自己愛性人格障害のひとは

虐待をしている意味がないのです。

だから、あなたが

「それは私が嫌がることだからやめてね。」

と言っては絶対にいけません。

あなたが嫌がっているよ、と

彼に伝えてしまえば

彼は喜んで、さらに攻撃を強めてくるのです。

だからあなたが自己愛性人格障害の彼から

逃げていかないためにも

その状態を続けていくために

常に嫌がらせだけをしているわけでは

ありません。

尊大な自分を魅せつけて

あなたを引き寄せたり、

あなたに称賛してもらうことでも

自尊心を満たそうとします。

つまり、恋人は

自己愛性人格障害のひとの願望を

すべて満たしてくれるのです。

自己愛性人格障害の支配欲も

自尊心を保つための称賛も、

そしてお腹の中の怒りをぶつけるために潰されることに

だまって耐え続けてくれる

離したくない存在なのです。

ただ、彼自身はそんな自覚もなく

ただあなたを愛していると思い込んでいますが、

その言動から

自己愛性人格障害なのは

一目瞭然なのです。

あなたが今まで、

自己愛性人格障害という病気に

気かつかなかったのは

世の中にそんな病気があるとは

思いもしなかったでしょうし、

世の中の道徳という教育が

人に愛情を与えれば

必ず自分にも返ってきます、

という幻想や思いやり心をもって

相手に接しなさいという教え、

そして、努力は必ず報われるという

そのすべてが自己愛性人格障害のひとには

すごく都合のいい世の中になっているのです。

人は見るからに極悪人というひとばかりが悪い人、

というわけではなく

普通の人の中にも、

自己愛性人格障害という病気は

存在しているのです。

そして、そのことに

なんとなく気づいていながらも、

信じるものは救われる、と

一生懸命素晴らしい世界を信じ続けたひとを

自己愛性人格障害のひとは

都合よく、自分の素晴らしさを

見せつけるための道具に

使っているのです。

もちろん普通の人にとっては

その考えで何も問題はなく

あなたが努力することによって

分かり合える関係のほうが

多いと思います。

でも、その中に

自己愛性人格障害のひとが潜んでいると

あなたも、自己愛性人格障害のひと本人も

そんな心情に気づかずに

二人の仲を深めてしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする