自己愛性人格障害のひとを初めから見分ける方法

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとを

初めから見分ける方法について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

普通の人と

とても見わけがつきにくいです。

どうしても尊大な自分を魅せるため

コミニュケーション能力も高く

普通のひとよりも

むしろ感じのいい人に

見えてしまうことも

多いと思います。

仕事ができて、

高い地位についている人の中にも多く

また、異性にもてて

人気者だというケースもあるので

好印象を持ち、近づいてしまう人も

数多くいると思います。

大変臆病なため、人に嫌われることを

極端に嫌いますので

とても細かい気遣いのできる人も

多いので

慣れていない人ほど

自己愛性人格障害のひとと

仲良くなるケースも多くみられます。

一見、いっしょにいると

幸せになれそうな雰囲気を

醸し出しているのですが

近くにいる人は

周りから分からないように隠れて

嫌がらせをとことん受けている人も

大勢います。

この、感じのいい

自己愛性人格障害のひとを

見分けるには

少し時間がかかります。

ですから初めから

自分を素直に見せていると

知らない間にターゲットになり

数年間、心をとらわれて

人生の貴重な時間を

つぶしてしまうことがありますし、

深い仲になってしまうと

嫌がらせを受けて

多大な被害を受けても

なかなか彼のことを

忘れることもできなくなりますので

女性だと出産や結婚をするチャンスを

逃してしまうこともありますので

できるだけ早めに

自己愛性人格障害かどうか

見抜きたいですよね?

まず対処としては

新しい場所に行くときや

慣れてない環境の中に

顔を出さなければいけないときは

初めから自分を

出しすぎないようにしましょう。

よく見ていると

普通のひとよりも

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は

初めから自分を前面に出しています。

そんなに慣れてもいないのに

自分を分かってもらおうと

得意なことやしていることの

話をしたり

いつもどのお店に行っているのか

とか何が好きでないが嫌いとか

言い過ぎています。

初めは、あなたを少しづつ

出していったほうがいいと思います。

そしてその中で、

感じがよく見える人も

悪く見える人も

自分の目で

よく観察してみてください。

自己愛性人格障害の人は

その自尊心の低さから

人から極端に称賛されることを

求めます。

そして自分の話をするのは

いいのですが

あなたの話は全く聞こうとしません。

人のことには興味がないのです。

そして、自分が称賛されたり

モテたりしているうちは

いいのですが、

よく見ていると分かると思うのですが

人が称賛を受けたり、

楽しそうにしていたり、

成功していたり、モテたり

しているところを見ると

あまりいい顔をしないのです。

たとえば女の子同士が

笑いながら楽しそうにしていると

今日に不機嫌になったり

怒鳴ったりします。

本当にうるさい場合もあるので

よく観察してみないと

分からないのですが、

人が楽しそうにしているだけで

自分の立場を脅かしていると

感じてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分が一番でないと

その人に猛烈にやきもちを妬いて

怒り狂うのです。

むやみやたらに

楽しそうにすることは

怖くなりましたが

みんな知らずにしている行動だと

思います。

誰かの成功に

嫌そうな顔をしている人を見かけたら

少し警戒をした歩がいいと思います。

自己愛性人格障害ではなくても

人の成功や友達関係に嫉妬して

その人の悪い噂を

ばらまく人はいるので

それを信じた人から

知らない間に悪く思われていて

周りの人とだんだんに

付き合えなくなる可能性もあります、

うれしい時も楽しい時も

できるだけ静かに

その人とだけ共有するほうが

マナーのことを考えても

とても良いと思います。

嫉妬の対象は

そんなに大成功でなくても

あなたの優しさや笑顔にも

嫉妬する場合もありますので

ご用心ください。

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする