自己愛性人格障害の責め続ける心情について


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

人を責める心情について

お話したいと思います。

大好きな彼から

長時間責められたりすると、

とても辛いですよね。

その原因があなた自身もよく分からないと

自分の感覚がおかしいのかと思ってしまい、

自分のことが

信じられなくなったりする人もいます。

自己愛性人格障害の人は

常に自分が正しいと思っているので

あなたの悪いことを並べ立てますが、

彼の言うその理由について

あなたがそんなにも責められるようなことなのか

冷静に考えてみてください。

Tiaraは自己愛性人格障害の人が

自分の中の怒りを何もしていない人にぶつける、

という特徴がある、ということを知ってから

自己愛性人格障害の人を見ていると

本当にそんなにも怒るようなことじゃないことで

ものすごく長時間にわたり

相手のメンタルがどうにかなってしまうんじゃないかと思うくらい

大げさに悪者に仕立て上げています。



そんなことも分からないのか!とか

常識だろ、とか今まで何をやっていたんだ、

とか俺が分からないとでも思っているの?

などなど。。。

でもそれも、周りに人がいる状態なら

周りの人が聞いていて

彼の言うことがおかしいということも理解してもらえるのですが

これが二人きりとなると

あなたしかいないので

誰にも分かりません。

自己愛性人格障害の人と恋人だと

この状況になりやすいのです。

人によって気にさわるポイントは

それぞれなのでなんともいえませんが、

普通に「あ、そっか。」とか「ごめんごめん」

で済むようなことを

なせそのような結果になったのか言ってみろ、だとか

あなただけだよ、そんな風にとらえるのは、とか

責められ続けます。

まるであなたの常識が間違っているかのような

あなたが並外れて人と違うような言い方をしますが

そんなことはありません。

たとえば、出すはずの紙を出し忘れていた、とか

夕食は味噌汁を食べる気分じゃないのに出した、

とか、何か聞いただけで

「そんなことも分からないのか!」とか。。

その出すはずの紙が大事な内容でしたら

怒る理由も分かるのですが、

そんなにたいしたことないものだったりします。

あなたがやらなかったことに腹を立てている、

といった場合もありますし、

あなたがやったことによって

そんなことしなくてもいいだろう!と

やったことに腹を立てる場合もあります。

これはこじつけなので

自己愛性人格障害の人のとって

理由は何でもいいのです。

理由の分かることについて

責められたりけんかになったりした場合は

あなたの納得度が違いますので

理不尽なことで責められ続けるよりも

ダメージは軽いはずです。

理不尽なことで何度も何度も

責められることは

精神的にあなたをじわじわと追い詰めます。

自己愛性人格障害の特徴を理解すると

別にそんなにたいしたことではなかったり

人によってとり方の違うあいまいなもの、

たとえば、気温とか感じ方とかをつかって

あなたを悪者にするので

怒るほどのことじゃない、ということを

回数を増やし続けて、やり続けます。

こんなに寒いのにカーディガンも出してないのか、とか

あなたがやってくれると思っていたのに

やってくれていなかった、

そんな人だとは思わなかった、

など、よく考えたら、

そんなことで、と思うようなことがほとんどです。

たまにあなたの本当のミスを見つけたときも

それもあなたを責める材料に使います。

「そんなことで」なんて言ったら、

何を言われるか分かりません。

そんなところも

あなたのことを好きだから

俺の気持ちを分かってほしかったんだ、

なんて言われると、そうなのね、

と喜んでしまいそうですが、

これを永遠にやられていて

その頻度が頻繁になり、それも時間も長くなってくると

じわじわとあなたの心を追い詰めていきます。

気づいたら

彼のことが好きなのにこんなにも苦しい、

というような状態になってしまうのです。

言い方も優しかったりする人もいるので

分かりにくいかと思うのですが

あなたを責めているだけです。

彼に寄り添えば寄り添うほど

あなたは、へんな人にされていき

彼から離れれば、「あいつは分かっていない」

と完全否定される場合もあります。

しかし、普通の人との恋愛は

あなたの意見をちゃんと認めてくれるし

もし食い違えば

彼はどんな考えを持っているのか

きちんと話してくれるでしょう。

そして、その上で違った意見であれば

けんかになることもありますし、

お互い合わせられないというときでも

相手が自分と違った意見を持っていても

あなたをきちんと尊重していてくれているのなら

あなたの考えもきちんと理解しようと

してくれるでしょう。

自己愛性人格障害の場合は

それすらすることはないのです。

はじめのうちは

それでも自分でも気づかないところで

彼に何かしたのかなあと考えたり

ただ辛くて泣いていたり、

彼から、いつ来るかわからない連絡が来るのを

ひたすら待ち続けていたということもあります。

それは、精神的に

あなたを追い詰めるためです。

追い詰められたあなたを見たいために

こじ付けを行っているのです。

あなたの彼が言っていることが

本当にあなたが理解できるものか

こじつけなのかよく考えれば

彼に疑問を持つことが何を意味するのか

おのずと分かってくるかもしれません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする