自己愛性人格障害の彼と別れたとも彼のことが気になって仕方がないときの心の持ち方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れた後に

彼が気になって仕方がない人の

心の持ち方について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

外面からは想像もつきませんが、

自尊心があまりにも低いため

自分のことを

本当は生きていく価値がないと

思っています。

 

だから必死で人を見下して、

自分のほうが上だと思うことを

常にしていないと

安心していられない病気です。

 

人を見下したりつぶしたりすることに

悪気があるわけではなく

その自尊心の低さからの

あまりの恐怖から逃れるために

人をつぶすのです。

 

ですが、いくら病気だからと言って

つぶされたほうは、

人生をダメにしてしまうので

とても理不尽な思いに

さいなまれます。

 

そして相手をつぶした後も

つぶせる相手は

とことんまでつぶしても

まだやめようとしないので

例えば別れた後にあなたが苦しんでいても

さらに

新しい女の子と仲良くしているところを

見せつけるなどして

さらにどん底まで突き落とし、

その様子を見て満足する、

などというような

異常な行為に高揚します。

これは、自己愛性人格障害の人が

本当によくやる行為で

これによって苦しんでいる女の子が

大勢いるのです。

 

少し前なら

プレイボーイを連想したと思いますが

ここまで

相手の感情を

踏みにじる行為ができるのは

自己愛性人格障害ではないかと

今は思います。

 

このケースから被害者が

正気でいられなくなることも

よく見られ、被害者のほうが

事件を起こしてしまったり、

そこまでいかなくても

怒鳴りつけたり、ヒステリーを起こして

周りの人からは

被害者のほうが悪くみられることも

よくあります。

 

ですが、これはすべて

自己愛性人格障害の人が

起こしている行為であり、

被害者の感情がそこまでなっても

攻撃をやめないからなるのですが、

自己愛性人格障害の人は

とても臆病で人から嫌われることを恐れるため

非常に分かりにくいやり方をするので

周りの人から見たら、自己愛性人格障害の人が

そんなことをしているとは

まったく気づきません。

 

なので、被害者の行為しか

周りの目には映らないことが多く、

被害者から周りの人まで

離れてしまうことになりかねないのです。

 

かといって

悔しい感情を、我慢して抑えている人も

本当に苦しく、

病気になってしまう人もみえます。

 

被害者一人で大きな苦しみを

抱えていかなければならないのです。

 

そしてその様子を見て

自己愛性人格障害の人は高揚し、

嫌がらせの行為をもっともっと

やめられなくなります。

 

これは、本当に恐ろしいことで

周りの人にはまったく気づかれないのです。

 

あなたもこんな風になりたくないでしょう?

 

みじめですよね。

 

ですからそれを避けるための心持を

今から紹介していきます。

 

まず、初めから

自己愛性人格障害の人は病気だと

認識しておいてください。

 

自己愛性人格障害の人は

幼いころの育ち方により

良心を持ったままでいると

非常につらい状況で育ったため

共感力が育たなくなってしまったのです。

 

そのうえで自尊心の低さから

自分の生きる価値のなさが人にばれることを

極端な恐怖心を抱えるほど

怯えています。

 

だから、自己愛性人格障害の人を

良くも悪くも思わないでください。

 

ただ、そういう性質の人なのです。

 

これは彼自身にもどうすることもできません。

 

初めから

そういう習性をもった人だと思うことが、

上手に付き合うコツなのです。

 

付き合った彼で途中で気づいた場合は

納得するのが難しいかもしれませんが

外面上はわからないので仕方がありません。

 

ですが、彼は自己愛性人格障害

ほとんど変わることがないのです。

 

そこを認識しないとすべてが始まりません。

 

辛いとは思いますが、

冷静に彼の状態をあなたの中で

納得していってください。

 

彼は自己愛性人格障害なので

突然、怒鳴られてもののしられても

あなたのせいではありません。

 

だから長い時間話を聞かないようにし

できるだけさりげなく静かに少しでも早く

その場を立ち去る

あなたのせいではない理由を作って

その場から離れなければ

ならないようにしてください。

 

例えば電話が鳴ったとか

トイレに行く、とか

出かけなければいけない用事があるとか、

あなたが彼の話を聞きたくないから逃げる、

と思われない何か理由を作って

フェイドアウトしてください。

 

自己愛性人格障害の人の

機嫌を損ねないように

できるだけ自然に早めに

その場から立ち去るようにしてください。

 

自己愛性人格障害とは

病気の症状なので

話しても嫌だと訴えても

伝わることがないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください