自己愛性人格障害の人のする浮気の特徴について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

浮気の意味についてお話したいと思います。

 

普通の人でも浮気はする人はすると思いますが、

自己愛性人格障害の人の浮気は

本当にひどいやり方をします。

 

特定の彼女や彼がいるにも関わらず

他の異性に心を奪われてしまったり

体の関係を持つことが

浮気とされていますが、

自己愛性人格障害の場合は、違います。

 

 

自分のパートナーを苦しめることが

浮気の目的でどちらにも他に相手がいる、

ということでパートナーを苦しめます。

 

その証拠に

わざわざ他に相手がいることを

匂わせたりすることがよくあります。

 

自己愛性人格障害の浮気のよくあるパターンが

その両方に、もう1人のほうを浮気相手だったり

セフレだと言うケースがよくあります。

 

自分が別れない理由を

相手の女の子(もしくは男性)のせいにして

自分は仕方がないので相手をしている、という形で

自分の本命にいうケースがよくあります。

 

 

自分のせいではなくどうしても

その人と会わなければいけない

というところがポイントです。

 

すべて相手のせいなのです。

 

 

彼のことが好きなあなたは

彼の言うことを信じてしまい、

別の女の子のほうが悪いと思ってしまいますが

すべてそうなるように

自己愛性人格障害の彼が

計画してあなたに伝えています。

 

この場合、立場はそのときにより

どちらかが上だったり下だったりしますが

結果的には同じです。

 

都合が悪くなれば、

とたんに本命のほうが浮気相手になる可能性も

充分にありえます。

 

だから自分と別れて、

別の女の子と仲良くやっているので悔しい、

という相談をよくもらうのですが、

相手の女の子も同じです。

 

 

やきもちは、自分とはうまくやっていけないのに

相手の女の子とはうまくやっていけると思っているので

妬いてしまうのですが

ほとんどの場合、

しばらくすると次の相手も

あなたと同じ運命をたどっています。

 

だからやきもちを妬く必要がないのです。

 

自己愛性人格障害とは

自分から離れていかない

一番信頼できる女の子(異性)にモラハラ行為を

するのが、特徴なのです。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害ではなく

浮気をしてしまった場合は

あなたに浮気の事実を隠そうと必死になります。

あなたに取り繕って

プレゼントを買ってきたり、

妙に優しくしてきたりしてばれることを恐れます。

 

そして最大限、ばれないように努力をし、

もしばれたときはあせったり逆切れをして

落ち込んだりしますが

自己愛性人格障害の人は

そうではないのです。

 

ばれたらあせって隠そうとするどころか

あなたが悪い理由をコンコンと述べ

妙に落ち着いているのが特徴です。

 

それどころかあなたをののしり続け

最後にはあなたが彼の言うことを聞かなければ

あなたをすてるという素振りを見せます。

 

ばれてからほとんど口を利かなかったり

あなたを排除するような行為も

よく見られることで

いくらTiaraが

自己愛性人格障害はそういう行動をとります

といっても

納得できない人は大勢見えると思います。

 

自己愛性人格障害の人の浮気、というものは

浮気をすることによって、あなたより優位に立ち

あなたをつぶすことで満足する心境からきているもので

普通の人がする、目移りとか、

あなたよりも他の女のこの方が魅力的だから、

という意味とは厳密にいうと違うのです。

 

悔しくてたまらない、という人は

まだ普通の人の感覚で生きているので

自己愛性人格障害というものが

理解できていないのです。

 

 

自己愛性人格障害の特徴を

理解できてくると

自己愛性人格障害の脳の構造が

そうなっていることが

自然に理解できてくると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください