自己愛性人格障害の被害者は自分がされていることに気が付かない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

彼から自分が攻撃されていることに

まったく気づかない

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

あなたに対して

少しづつ継続的に嫌がらせをしていますが

あなたは全く嫌がっていません。

気づかないのです。

気づいたときには

とても苦しい状態になっています。

嫌なことをされたりあなたを否定されたり

ないがしろにされているのに

どうして気づかないのでしょう?

不思議ですよね。

自分がされていることなのに。。。

まず原因の一つとして

自己愛性人格障害のひとのやり方が

とても分かりにくいことがあります。

冗談っぽく、本気でとらえてしまうと

こちらがバカみたいな内容だったり

嫌がらせをした後、

しばらくはとても親切にしてくれたり

愛情をかけてくれるので

たまたまかな?と思ってしまったり、

気のせいかな?と思ってしまったり。

そしてもう1つは

あなたの性質上の問題もあります。

世間一般では

いいことだと思われていることなので

なかなかそれが原因だとは

気づきにくいかもしれませんが、

優しくて自分のことよりも

相手のことを考えてしまったり、

ちょっとしたことならこだわらずに

水に流してあげることができることなどです。

そういったあなたの性質により

自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせや意味のない無視などは

会社で嫌なことでもあったのかな?とか

私のことが好きだから

やきもちを妬いて

怒ってしまっただけなのかな?と

あなたが彼のことを

分かってあげようとします。

相手が普通のひとなら

それがいいほうに進むのですが

相手が自己愛性人格障害だった場合

どんどんあなたは

軽く見られていく存在

となってしまいます。

そしてあなたの様子を見ながら

少しづつ気づかれないように

攻撃を強めたり、

あなたが気づきそうになると

あなたを喜ばせるために

プレゼントやサプライズなどをしてくれるので

彼のこと悪く取ってしまったあなたは

自分を責めてしまい

彼のしていることに全く気づきません。

あなたは自分の責任を問うことは

十分すぎるほどできている人なのです。

それよりも相手の非を見ることに

全く気がいっていません。

常に自分が何とかすれば

何とかできる、

とまじめに考えすぎているのです。

普通の人でもそんな気はなくとも

あなたにイライラをぶつけてしまったり

無意識にあなたが嫌がることを

してしまうこともあるでしょう。

なので、

なかなか違いに気づくことは

難しいと思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

何度も同じことをしてしまったり、

全く反省の意思が見えなかったりするので

だんだんに気づいてくると思います。

反省の意思というのも

時には、涙を流したり

反省したような顔をして

「傷つけてごめん。。。」

と神妙な顔をしたりすることもあるので

初めのうちは

本当に分からないかもしれませんが、

そのうちに明らかにおかしい、と気づくくらい

露骨になってくるので

分かると思います。

露骨になってきたときは

あなたが完全に彼に頼り切っていたり

あなたが完全に彼との将来を決めた後

かもしれませんが

あなたが気づくほどひどくなっていた場合、

坂を転げるようにひどくなる一方ですから

もうその彼とは離れる決心をしたほうが

いいと思います。

あなたが確実に気づいてから離れたとしても

自己愛性人格障害の後遺症は長く響きますので

できるだけ早めに離れることをお勧めします。

彼から心の距離を少しづつ離していき

それと同時に少しづつ、現実に会うタイミングや

時間にも距離を置くことを

お勧めします。

初めのうちは辛いかもしれませんが

離れたほうが少しづつ心も

楽になっていきますので

離れたほうがいいと

あなたも頭と心で

納得できるようになっていくでしょう。

彼と一緒にいた時間を無駄にするのは

悲しいことですが、

あなたのこれからの時間まで無駄にしないよう

できるだけ早く決心してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする