自己愛性人格障害のひとはとてもひどいことをするのにちっとも悪い人に見えないわけ

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

とてもひどいことをするのに

ちっとも悪い人に見えないわけ

について

お話ししたいと思います。

Tiaraの恋愛相談室を訪れる人の

相談の中で

自己愛性人格障害のひとが

とてもひどい人間に見えるケースは

非常に少ないと思います。

中には、罵声やひどい言葉を

被害者に投げる

自己愛性人格障害のひともいますが、

基本はみんな、

紳士的でとても穏やかです。

見るからに怖い人、というのは

自己愛性人格障害のひとの中には

非常に少ないでしょう。

では、どうしてそんなに穏やかで

紳士的なのに

被害者が怖いと感じてしまうのでしょう?

人間はある程度、自分の頭の中で

理解できることは

怖くないのですが、

理解不能なことや、

理由の分からない出来事が起こると

とても不安になります。

自己愛瀬人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆に動くので

普通のひとでは考えつかないことばかりして

理解不能なことが多いです。

たとえば

ひどいことをされたとしてもある程度

理由がわかれば

納得できます。

人間は、自分が納得できるものには

さほど怖さは感じません。

たとえばひどいことをされたとしても

自分がひどいことをされることが

ある程度予想がつくことがらに関しては

そんなに怖くないのです。

ところが、自分には身に覚えがないのに

いい人に見えて自分が信用していた人から

理由もなく攻撃されると

とても不安になります。

自分の中で相手に攻撃される理由がわかれば、

嫌でもある程度は納得できるのです。

しかし、自己愛性人格障害のひとは

意味もなくやりますが、

被害者が悪い理由を作り出しますので

周りの人から見ると

やられてもさほど疑問を感じないのですが、

被害者にしてみれば

こじつけなので

自分の何がいけなかったのか

明確に理解できるわけがありません。

自己愛性人格障害を知っている人は

自己愛性人格障害のひとは

理由もなく相手を攻撃することを知っているので

怖くないのですが、

普通の人はそんなことはするわけがない、

と思っていることを

自己愛性人格障害のひとがしてしまうので

わけが分からなくなって

自分が何も悪いことをしていないのに

攻撃されてしまうような人間なのかと

罪悪感にさいなまれてしまうと同時に

なぜかなんとなく

彼のことが怖いと感じるようになるのです。

あなたにしてみれば

自己愛性人格障害のひとが怖いと

感じるはずなのに

周りの人までもが、彼の味方をしているように

みえるので

わけが分かりません。

あなたは、自分で自覚がないのに

否定をされてしまうような人間なのか

と非常に辛くなってしまい、

そんな風に思われないように

必死で努力し始めます。

これを何度か繰り返しているうちに

自己愛性人格障害のひとの

マインドコントロールに

惹きこまれているのです。

ひどいことをされて辛いはずなのに

自己愛性人格障害のひとは

周りからの信頼を得ていますし、

とてもやさしく紳士的に見えるので

ひどいことをするようには到底見えません。

ですが、明らかに様子が

なんとなくおかしいことに

あなたには気づくのです。

そしてあなたが苦しいのに

紳士的で優しく見える自己愛性人格障害のひとは

とても不思議だと思います。

そして、責任感の強いあなたは

自分のほうがおかしいのではないかと

とても不安になり

自分を責めてしまいます。

訳の分からないことのはずなのに

あなたが悪いと自分でも

思ってしまっていることに

驚きます。

そして訳の分からないことには

人間は非常に恐怖心を持つのです。

自己愛性人格障害のひとは

ひどいことをしているのに優しくて紳士的です。

だから怖いのです。

あなたの言ったことを

信じてもらえないケースも

確かにあるかもしれせん。

自己愛性人格障害のひとは

悪いことをしているはずなのに

あなたは、その責任を負ってまでも

罪悪感を持っているから怖いのです。

彼の責任は彼に

そっとお返しするべきもので

あなたが受けなければ

そんなに怖くはないのです。

あなたの性格次第で

自己愛性人格障害のひとは

いくらでも攻撃を強めることができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする