自己愛性人格障害の人の責任を負ってしまった人へ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

責任を負ってしまった人に

どうしたらいいかについて

お話したいと思います。

 

 

自己愛性人格障害は責任感がないと

いわれています。

 

自己愛性人格障害とは

その特徴から

尊大な自分を見せ付けているうちに

とても責任感があるように見える人も

いますが

本来は自分で責任が取れません。

 

いつもその場で一番都合のいい

尊大な自分を演じているため

その連続から、

周りから彼を見ている人からの

印象は、

とても信頼ができる人物にみえます。

 

ですが、そもそも尊大な自分を

無意識のうちに

演じてしまっているため、

具体的に

その責任を負えるのかというと

Tiaraは疑問に思います。

 

要するに、その自尊心の低さから

自分ができるだけ素敵に見えるよう

誇張して話しているため

本当にその責任が問えるかどうかが

分からないからです。

 

しかも、自己愛性人格障害の人の

特徴として

ターゲットになった人に

その責任を押し付けて

自分は知らん顔をする、

という特徴を持ちますので

あなたがその責任を負ってしまった

場合、

彼が誇張して言った発言を

あなたが責任を取れるかどうかです。

自己愛性人格障害は

深く付き合わないと

本当に分かりにくいので

被害を受けた本人しか

分からないことがたくさんあります。

 

しかも、被害者になりやすい人は

責任感が強い人が多いので

逃げようとしません。

 

そのため、自己愛性人格障害の人が

嘘をついていた部分が

大きいと

責任をとろうと思っても

とりきらないことがあるのです。

 

自己愛性人格障害の人の責任は

その人にそっと

お返しをしてください。

 

お返しの仕方は

「受けない」だけです。

 

だってその責任は

あなたのせいでは

ないのだから。

 

責任をうけないためには、

何もあなたが自己愛性人格障害の人を

攻撃したり、私の責任ではない、と

大声を張り上げたりする必要は

ないのです。

 

そんなことをしたら

よけいにあなたが

責任逃れをしているように

見えてしまいます。

 

でないと、あなたは

とんでもなく大きな責任を

負わされることにも

なりかねないのです。

 

しかもそのときには

もう周りの人から見たら

あなたの責任に

なってしまってします。

 

責任感の強さから

彼の肩代わりをしたがために

あなたがいい加減な人だと

思われてしまうのです。

 

あなたは今まで

正義感の強さから

人の責任まで負うことが

多かったのではないでしょうか?

 

違うと言えずに

無理なことを引き受けて

逆にやりきれず

信用をうしなってしまったことも

あるのではないですか?

 

あなたが受ける必要のない責任までは

あなたが引き受けることはないのです。

 

これは責任感がない、

ということにはなりません。

 

あなたは自分がしたことの責任だけ

果たせばいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

そういった責任感の強すぎる人も

大好きです。

 

だってちょっと苦しそうな顔を見せたり

弱音や本音をほんの少しだけ

あなたに見せると

あなたは勝手にどんどん

引き受けてくれるのですから、

そういうひとは

自己愛性人格障害のひとにとって

都合がいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとの特徴を

肩代わりしてくれる

貴重な存在なのです。

 

そのことによって

あなたは世間から信用を失っています。

 

あなたはそういったひとの責任は

その人本人のものだということを

忘れないでください。

 

これだけで

今までよりも、

はるかに生きやすくなりますよ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください