自己愛性人格障害の彼と別れた後に

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の彼と

別れた後

後遺症は長く激しく続く

ということについて

お話ししたいと思います。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だったと気付き

大変ショックを受けたと思います。

あんなにもすてきだった彼が

実はあなたのことを虐待していて

何とも思っていなかったので

それを知ったとき

本当にショックだと思います。

中には自己愛性人格障害の彼を

恨んでしまう人も

みえますが

それも仕方のないことだと思います。

ですが、もっと辛いのは

彼が自己愛性人格障害だと知っても

恨むこともできず、

私が彼のそばについて

何とかしてあげることが

できないのかと

思い悩む被害者も非常に多いのです。

自己愛性人格障害とは

幼いころの経験により

本人の意思ではなくそういう考え方に

なってしまった病気です。

だから、自己愛性人格障害のひとも

無意識のうちにやっていて

彼が悪いわけではありません。

ですが、

悪いわけではないからといって

人を傷つけ続けていいわけでは

ないのですが。。。

自己愛性人格障害の彼との

良かったころの思い出を

忘れることができず、

苦しみ続ける方もみえますし

何よりそれだけでなく

自己愛性人格障害という

病気にかかってしまった

彼の将来を心配する人も

自分がそばにいて

何とかしてあげられないのか

本当に何とかできなかったのか、

と思い悩む人も大勢いるのです。

自己愛性人格障害の被害者のみなさん

気持ちは同じです。

それでもできないから

仕方なく離れるのです。

これほど辛いことは世の中に

なかなかないと思います。

だから被害者は苦しみ続けるのです。

それでも時間とともに記憶が薄れ

少しづつ元気を取り戻す方や

離れてしばらくすると

マインドコントロールが解けて

嫌になってしまう人、

新しい恋人ができて

癒してくれる人など

少しづつ少しづつ心が

離れていきます。

離れてみると

あなたがどれだけ彼に縛られていたか

理不尽な思いをさせられていたか、

本当は悩む必要のないことに

苦しめられていたかが

分かります。

あなたの人生は

あなたのためにあるのです。

幸せになるなら

あなたのことを

本当に思ってくれる人と

幸せになるべきでしょう。

あなたの

どうしても一緒にやっていくために

努力してしまう性格は

自分でもわかったでしょうから

その努力はあなたのため

思ってくれる人にのみ

するといいのです。

優しい人ほど騙されやすい

傾向にあります。

あなたのやさしさは

あなたのことを思ってくれる人にだけ

使ってください。

どこにでもばらまいていると

本当にひどい目に

合うこともあります。

さみしい人や自分に自信のない人、

自尊心の低い人ほど

誰とでも仲良くしようとか

誰にでも親切にしなければいけない、

とか

やられてもやり返してはいけない、

とか思うのですが

世の中にはいい人ばかりでは

ありません。

優しい人ほど

人は選ばないといけないと

Tiaraは思っています。

これもいろいろな経験をしたから

やっと思えるようになってきたことで

若い子は分からないかもしれません。

苦い経験もいっぱいして

やっと自分のことを

大切にしなければならないと

学べるような気がします。

あなたが他人を大切にするよりもまず

自分のことを

大切にしなければなりません。

自分が幸せでなければ

他人もを本当に幸せにすることなんて

できないんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする