自己愛性人格障害のひとの怒り、について

こんばんは♡

今日もすべて終わって

PCの前に座ると

夜中の1時を超えてしまいました。

今日は、自己愛性人格障害のひとは

小さな嫌がらせを繰り返す、

ということについて

お話ししたいと思います。

今日は、

新しい職場で近くの席になった人と

帰りにお茶していかない?と誘われて

初めて、ご一緒させていただきました。

その人はいつも明るく、

周りに明るい雰囲気を

ばらまいています。

自己愛性人格障害の対策を

常にしているTiaraでも

思わず笑ってしまう話題を

たくさんしてくださいます。

入ってすぐにTiaraが

この人たちは、

絶対に自己愛人格障害ではない、

と思った男女のうちの女性のほうです。

周りの人たちとも

比較的上手くやれているひとなのですが、

お昼休みにたまたま、

Tiaraがこの会社に入っての

周りの人の印象を話したときに

だいたいのTiaraの読みが

当たっていることに興味を持ち

すごく面白いから、

帰りにお茶をしよう!

ということになったのです。

Tiaraが自己愛性人格障害かもしれない、

と疑った人物は

彼女の証言で、おそらく

自己愛性人格障害で間違いない、

ということが

ほぼ、確定いたしました。

Tiaraが疑った、自己愛性人格障害のひととも

仲良く見えた彼女に対しても

驚くほど、自己愛性人格障害の特徴を

物語る言動を繰り返していたのです。

人の話を根掘り葉掘り聞きだして

いざ自分のこととなると

ごまかして語ろうとしなくなったり、

こちらが気づくまでは

声をかけてこない、ということを

するそうです。

そして困っていることなどを聞き出したり

楽しい遊びのお誘いを強引にしてきて

自分の仲間にいようとします。

そして

自分から一緒にお茶しようと

誘っておきながら

集合場所まで車で行って

自己愛性人格障害のひとがスピードを緩め、

いかにも駐車しているかんじにみえたので

同じようなところに止めようとすると

止まりかかった車で

いきなり猛スピードで

ぐるりと回り、ほかの場所に停めたそうです。

それを聞いた瞬間

「あ、その人やっぱり自己愛性人格障害だ。。」

と思わず言ってしまったのです。

自己愛性人格障害のひとの会話の目的は

あなたと仲良くしたい、

ということではなく

あなたのどこを攻撃すればいいのか

前もって計画できるように

あなたの欠点を集めることです。

Tiaraも自己愛性人格障害らしき人から

「悩みごとでも何でもいつでも相談してね!」

とラインを交換されたのですが、

おそらくこの人に相談しても

解決することはなく、

Tiaraを落とし入れたいときに

Tiaraから集めた

Tiaraの苦手なことをストックして

いざという時にTiaraに攻撃するだけだと

分かっているので、

悩みごとを相談したりなんてしません。

それを今日一緒にお茶をした人に伝えてみると

「その通りだと思う。

苦手なことを面白おかしく

周りの人に流されちゃうから

おそらく、この人に相談しないほうがいいよ。」

と言われました。

彼女にも

もしかしたらこの人は少し問題のある人かも?

と思い、でも、ことのほか親切なので

「Tiaraが見た自己愛らしき一面は気のせいで

本当はいい人なのかな?と思っていた」

というと、

「違う違う、本当に癖のある人で

話せば話すほど不快になっていった」と

付き合うのやめようと思った旨を

話してくださいました。

やはり、ある程度経験がある人は

自己愛性人格障害の特徴をみると

なんとなくおかしい、

とわかってしまうようです。

彼女がおかしい、と思う行動は

すべて自己愛性人格障害の特徴なんだと

いうと、

「だからか、ヤバい人だな。」と思って

少し距離を置いていたらしいのです。

彼女も、

被害者になりやすいいい人っぷりで

最後に「嫌。」と笑いながら明るく言い放つ、

ということが

自己愛性人格障害のひとの

攻撃を交わすために役立っています。

敵対心を見せないための笑顔も

ふざけた口調も

自己愛性人格障害のひとが

攻撃する機会を与えていないので

彼女はきっと大丈夫だと思います。

幸い、うちのグループの

自己愛性人格障害と疑わしき人は

部署が移動して

Tiaraのいる建物の隣の建物に移ったので

ほっとしているところです。

今もTiaraたちの席の横を通るときに

自己愛性人格障害のひとは

さりげなく歩いているように見えても

通り過ぎる瞬間、

自己愛性人格障害のひとは

Tiaraたちの様子を

必ずうかがっているのです。

今日、お互いの話が合致して

相手の方もどうやって接すればいいか

分かったようですし、

入ったばかりでその人たちを

あまり見ることのできなかったTiaraも

判断するのは、もう少しあとになるかな

と思っていたので

いろいろな話を聞けて

とてもすっきりしました。

というよりも

自己愛性人格障害の元彼と

別れてから、こんなに自然にできるは、

Tiaraは久しぶりです。

自己愛対策やら

何もしていない間に理不尽な嫌がらせを

されることもなく

自然に利己的に扱われることが

ないのは

おそらく初めてだと思います。

自己愛性人格障害ではない人との

付き合いだったら、

こんなにものびのびと自然にふるまえる事が

久しぶりなので

本当に楽しかったです。

一度、被害者になってしまったあなたにも

自己愛性人格障害のひととの関わりを

少し話すだけで

こんなにもあなたの世界は

のびのびと過ごしやすくなるのです。

あなたも

いつまでもひどいことばかりする

自己愛性人格障害のひとに

少し気を付けているだけで

こんなにも自由でのびのびとした空間が

過ごせるのです。

あなたが心がけることは

自己愛性人格障害だということを知って

少し間をあけて

仕事のことだけを淡々とこなし、

自己愛性人格障害のひとに

突っ込まれるところを作らないよう

一生懸命仕事をしているだけで

自己愛性人格障害のひとはあなたの何に

攻撃したらいいか分からなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとは

病気だから仕方がない、と諦め、

恨みを持つことをせず、

自己愛性人格障害ではない人とだけ

心を許して付き合っていくと

あなたは

楽しい毎日を

送れるようになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする