自己愛性人格障害のひとから嫌がらせをされ続け、会社を辞めようと考えているあなたへ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

会社で嫌がらせをされ続けて

会社を辞めようとしている人に

お話ししようと思います。

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットのされやすいタイプと

いうのがあります。

それは、誰かに好かれていないと

不安でたまらない、という人が

第一位です。

次に

会社でいい人だと思われていたい人、

というのも

よくターゲットにされます。

逆に周りからどう思われていても

どうでもいい人、というのは

自己愛性人格障害の被害に

遭いにくいのです。

そういった人は

自己愛性人格障害のひとは

狙うことを我慢するわけではなく

狙おうともしないのです。

だってその人に嫌がらせをし続けていても

相手は全く堪えないかもしれません。

周りの人からどう思われても気にしない人、

というのは、

自己愛性人格障害のひとに

嫌がらせをしたら

周りの人に「あの人なに?」

と堂々と言うかもしれません。

その人自身が

その周りの人と仲良くしていたい、

と思っていなければ

いつでもどこでも

自己愛性人格障害のひとの矛盾を

つけるのです。

ただし、これを自己愛性人格障害のひとに

直接言ってはいけません。

自己愛性人格障害のひとは

自分を守ることに全力を注いでいるので

いくらでもあなたが悪い話をでっちあげます。

しかも自己愛性人格障害のひとは

弁が立つので

本当のことを使って

どれだけでもあなたが悪く思われるように

言うことが上手なのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分がおかしいことをしていることを

もしかしたら周りの人にばらすような人に

嫌がらせをすることはできません。

そのことによって

自己愛性人格障害のひとが

おかしなことをしていることが

ばれてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは

本当は臆病なことを隠してるだけですので

そんな人には

始めから嫌がらせをしようと

思いもしないのです。

自己愛性人格障害のひとから

狙われやすい人というのは

矛盾を突くことによって

嫌なことを言うことができず、

嫌がらせを受けていても

我慢してしまう可能性があります。

そういった我慢してしまうような

お人よしの人ほど

自己愛性人格障害のひとから

狙われる傾向にあるのです。

会社でモラハラに遭うような人は

自己愛性人格障害のひとから

何か言われても

水に流して忘れることによって

自己愛性人格障害のひとと

仲良くしようという傾向にあります。

自己愛性人格障害のひととは

仲良くすればするほど

あなたはやってもいないようなミスで

会社を追いやられることに

なってしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは

あなたがまじめにしていても

あなたがおとなしくしていても

必ずあなたを悪者にして

あなたを笑いものにしたり

あなたに説教をしたりして

周りの人が

あなたから引いていくように

仕向けています。

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもそうなってしまうのです。

そうやって勝つことによって

あなたを潰しておかないと

自分がつぶされてしまうという

極端な恐怖心を持っている、というのが

自己愛性人格障害という病気の症状です。

あなたが自己愛性人格障害のひとを

つぶしたい、と思っていなくても

勝手にそう思い込んで

その恐怖から自分を守るために

全力であなたを潰します。

自己愛性人格障害のひとは必死なのです。

ですがあなたは何もしていないので

全力で嫌がらせをしてくることに

ものすごく恐怖を感じます。

自己愛性人格障害のひとには

話をしても

通じないので話し合いをせず、

相手に気付かれないように

あなたが何もしていないこと、

相手がつぶしにかかっていることを

できるだけ早く信頼のおける人に話しておき

味方を作っておくことが先決なのです。

そしてできれば

席替えや部署替えなどしてもらい

自己愛性人格障害のひとから

物理的に離れることが

一番楽になれる方法でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする