自己愛性人格障害の彼にあなたが認めてもらいたい気持ち



こんばんは♡

今日は、

あなたが自己愛性人格障害の人に

認めてもらいたい気持ちについて

お話ししたいと思います。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合、

今まで、

あなたにいろいろなこじつけをして

あなたを悪者にしてきたことと

思います。

そこで、あなたは

自分が悪くないことに

なんとなく気づいていても

彼に気に入られたい一心で謝ったり

彼の機嫌を損ねないように

必死で、

彼に気に入られようとしたり、

彼から怒られないよう、

彼の思い通りに動こうとしてきたと

思います。



そこには、あなたの

彼に認めてもらいたい気持ちが

あると思うのです。

自己愛性人格障害の人に

気に入られやすい人は

何があっても自分に責任がある、と

思いがちな人や

必死になって相手に合わせることで

相手に認めてもらおうとする人が

多いと思うのですが、

その気持ちの中には、また

自己愛性人格障害の人と同じような、

自己肯定感の低さが原因に

あると思います。

そのままの自分では、

相手に認めてもらえるわけがない、と

心の奥で信じていて

必死に努力して相手に合わせることで

彼に認めてもらおうとします。

普通の人なら、

そこからあなたを認めて

こんなにも頑張ってくれているんだなと

あなたを大切にするようになるかも

しれません。

でも、あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合は

あなたのその気持ちを使って、

あなたが必死で歩み寄ってくることをによって

一気にその気持ちを踏みにじることができます。

それによって彼は最高に尊大感な

自分を感じることができます。

その満足感のために、

あなたを潰すわけですが、

あなたの心はだんだん

傷ついていきます。

それでも、彼は、

自己愛性人格障害という病気の

症状によって

あなたが傷つこうが、自分のことしか考えられないので

あなたを虐待することを

やめようとしません。

自己愛性人格障害の彼が、

満足すれば満足するほど、

彼は、味を占めて

あなたを自分に引き寄せ、

あなたが彼を最高の相手だと

思ったところで

一気にどん底まで突き落とします。

それを繰り返されたあなたは、

彼が自分を幸せにしているのか、

虐待しているのか

判断ができなくなり、

彼から離れられなくなります。

あなたが、彼から

虐待されていることに気づかない

最大の原因は、

あなたの中の自尊心が

非常に低いことです。

自分に自信があれば、

嫌なことをされた時点で

彼の異常性に気づき、

彼から離れようとします。

でも、あなたは自尊心が

非常に低いので

あなたが何もしていないんだとしても

こんな自分は努力をしないと

彼に認めてもらえないと

心の底で思っていて

必死で彼に合わせて、

自分を認めてもらおうとします。

だから気づかないのです。

あなたは、もっと自分に自信を持って

自分を大切にしてあげるべきです。

そうすれば、自分を虐待するような人から

離れて、

もっとあなたのことを

大切にしてくれる人に

魅力を感じることでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする