自己愛性人格障害のひとは優しさを攻撃に使う

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

優しさを攻撃に使う

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害の

相談を受けていますと

相談者の人が

彼に感じている深い思いやりの気持ちや

優しさが

攻撃に使われていることに気付き、

とても恐ろしくなります。

自己愛性人格障害のひとは

とても冷たい印象を持ちますが

同時にとてもソフトで優しい人も

おみえになります。

ソフトで優しい人が

攻撃をするなんてとても思えませんが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたの罪悪感を

攻撃しているのです。

たとえば、女性が二人いるときに

相手のことを

とても思いやっているようなことを言い、

あなたを傷つけます。

浮気や不倫などの場合に多いのですが

話をしている人と反対のほうを

とても大事にしていることを

わざわざあなたに伝えるのです。

そして

どこまでも相手の女性に優しい彼を見て

彼が「ひどい」とは思わず、

彼に大事にされて相手の女性に対して

やきもちを妬いたり、

自分をとてもみじめに思ったりします。

そして相手の女性に魅力があると思い込み

あなたには価値がないように言われていたり、

あなたが悪いと言われているように

感じてしまうのです。

普通の人は

浮気や不倫をしているときに

わざわざ相手の情勢に愛情をかけていることを

あなたに知らせてくることはありません。

むしろ隠すことのほうが

自然だと思います。

それをわざわざあなたに伝えて

あなたを傷つけなければ、

浮気をしている意味がないのです。

自己愛性人格障害のひとは

もう一人の女の人を

傷つけるために浮気をします。

ですが、相手の女性も彼は、

大事にしているわけではありません。

彼が一番大事にしていることは

自分がいかに

魅力的で温厚で愛情深い人に

思われているかです。

こうすると、彼は悪くみえず

あなたはどんどん傷ついていきます。

相手の女性に

やきもちを妬いてしまう方も

おみえになると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

相手の女性も本当は大事にしていません。

あなたを傷つけるための道具として

女性に愛を与えたり

そうしている自分に

満足しているだけなのです。

思いつめたり、逆にヒステリックになって

被害者のほうが攻撃的になるケースも

多く見られますが、

被害者は傷つき、

周りからの信用も無くしてしまい

ボロボロの状態になります。

それくらいして

やっと自己愛性人格障害のひとは

自分の心情を保つことができるのです。

彼のいないところで

女性同士が争っているケースも

みられますが、

そうさせているのは

自己愛性人格障害のひとなのです。

彼のいないところで彼のことで争えば、

悪いのは彼ではなく

あなたと女性になってしまい、

2人ともとてもみじめな状態になるのです。

彼の優しさを自分に向けてほしい、と

一度は彼からの

絶大な愛情を受けた人は思うのですが

彼の愛情が本当に

あなたに向けられることはありません。

自己愛性人格障害の愛情の対象は

彼の都合によって

いくらでも変わるのです。

自己愛性人格障害のひとを愛せば、

家の中でとことん傷つけられて

自分に自信を失っていくか

突き放されて

彼が優しいからこそ、

あなたではない人が大切にされる、という

訳の分からない状態となり

はたから見たらあなたのほうが

おかしいと思われるように

持っていくのがとても上手なのです。

そして、あなた自身も

彼のことを信じてしまい

自分がおかしいと思ってしまい、

自分の考えや自分に

自信が持てなくなってくるでしょう。

彼の言っていることが

本当にあなたのせいなのか、

よく考えてみると

分かるようになっていきます。

あなたは悪者にされているだけで

あなたは本当に悪いことをしたのか

自己愛性人格障害のひとの

言葉に惑わされず、

よく考えてみてください。

自己愛性人格障害のひとは

わざわざ自分の周りで

もめ事を起こし、

自分はそんなことはしない

優しく尊大で有能な人物なんだと

魅せつけていなければ

気が済まないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする