自己愛性人格障害とは途中で病気になってしまったわけではない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

物覚えについてお話したいと

思います。

自己愛性人格障害の人は、

脳は正常です。

心の問題だけが分からないのです。

分からないといっても

相手がどのように感じているかは

分かります

不快な思いをしているのか、

幸せなのか、楽しいのかとか

察知することはできます

あなたに不快な思いをさせて

それをみることによって

ああ、よかった。

今、俺はこのひとよりも

優位に立っている

と満足することができるのです。

普通の人は、

わざわざそんなことはしません。

したいとも思いません。

だってわざわざ、

自分のことを思ってくれている人との

関係性を壊すかもしれない

何もしていない人への嫌がらせ、

なんてするはずもありませんよね。

でも、自己愛性人格障害とは、

自分の価値が恐ろしいほどない、

と思っている事への恐怖をもつ病気なので

どうしても、何としても

自尊心を常に上げる行動を

していないと

不安で不安で仕方ないのです。

そこが病気なのです。

そう思う病気の、なってしまった原因が

両親や身近な人から

極端に粗末に扱われてしまって

著しく自尊心がなくなってしまったか、

もしくは、逆に、

極端に過大評価されるような

環境で育ち、

何をしても許される、

自分は何でもできるという万能感

を持ったまま大人になってしまったかのどちらかと言われています。

そのため、正確には

人の気持ちが分からない、

わけではなく

共感能力が著しく欠けていて

ひどいことをしても

平気でいられるような

他者が自分と同じように

苦しんだり悲しんだりする、

ということに対して

全く無関心でいられるのです。

その無関心によって

心を左右されないので、

常に冷静に対処ができます。

だから感情に左右されることなく、

しかも脳は正常なので、

仕事や勉強、ルール、

といったことのみに集中できるので

有能になったり、

物事を完ぺきに覚える能力に関しては

普通の人よりも

上なのかもしれません。

これは、無関心といったことが、

人の感情を動かす、

といったこと以外には

いいほうに働いた例なのかも

しれません。

自己愛性人格障害の人は、

分かってもらおうと話をしたところで

この共感能力が全くないので、

自分の損得でしか物事を考えられません。

だから感情に訴えようとしても

無駄なのです。

あなたが苦しむのは、

自己愛性人格障害の人の

そういった特徴を

まだ理解していないからです。

頭では分かっていたとしても、

どうしても彼に

自分の気持ちを分かって

もらいたいのでしょう。

でも、それは無駄なのです。

自己愛性人格障害の人は

幼いころの育ち方が原因で

共感力が育っていません。

だからいくらあなたが

話をしたところで

話が通じるわけがないのです。

それは、彼のせいでもなく

憎むべきところでもありません。

かわいそうですが、

共感力が育たないまま

大人になってしまった

悲しい病気なのです。

だからロボットと

同じように機械と同じように扱えば

素晴らしい機能を

発揮してくれるかもしれません。

でも、あなたは、

自己愛性人格障害という

病気があることを知らずに

彼に恋してしまったのです。

そして、彼もまた、

自己愛性人格障害という病気を知らずに

自分が、普通の人間であることを疑わずに

苦しんで知るのです。

恋とは、感情が動くものです。

それを全く知らずに恋をしてしまって

自己愛性人格障害という病気を

知った今でも

それでもやっぱりそんなことに

納得できていないから

苦しんでいるだけなのです。

自己愛性人格障害とは

もともと正常に育った人間が、

途中で病気になってしまったわけではなく、

そのような性質に育ってしまった人のことを

いうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする