自己愛性人格障害のひとへの間違った対処について

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとへの

間違った対処について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の対処について

最近間違ったものがある

ということを聞いたので

ここで注意をしておきたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

よくモラハラ行為をしますが、

このモラハラ行為について

間違った認識が広がっているところも

あるようです。

TwtterやMixiなどで

自己愛性人格障害のコミュニティが

あちこちであるようですが、

本当に分かっているところを選ばないと

とんでもないことになる可能性があります。

モラハラについて

よく世間の人は「言葉の暴力」という風に

とらえている人が大勢いますが、

相手が自己愛性人格障害だった場合

ただの言葉の暴力ではありません

ただ口でののしっているだけで

ただ、相手を痛めつけようとか

ケンカに勝とうとしているだけなら

「言い返す」とか「自分の気持ちを伝える」

という反撃の仕方を思いつくと思いますが

自己愛性人格障害のひとに

これをやっては絶対にいけません。

現に平等な関係になろうとして

この行為をしてしまったため

自己愛性人格障害のひとが激化してしまった、

というケースはよくあります。

自己愛性人格障害のひとは

病的に自己愛が低く、

そのことに耐えられないため

人をつぶすことによって

必死で自分の存在価値を高めています。

そのことによって

ちょっとだけ安心するのですが

本当は驚くほど自尊心が低いので

自分には価値がないとか

自分が間違っていると言われてしまった場合、

極端に拒絶反応を起こし

敵対心を向けられたと思い、

全力で反撃してくるのです。

この恐怖が異常なため

異常な強さで反撃してくるので

恐ろしいほどの勢いで全力でつぶそうとして

怒りをあらわにします。

それが、自己愛性人格障害が

激化するきっかけになってしまい

とんでもないことになってしまう

可能性があるのです。

だから、自己愛性人格障害のひとに

本音をつたえることや、言い返すことは

絶対にやってはいけません。

あなたが反撃してきたことにより

自己愛性人格障害のひとは

尋常ではない恐怖心を感じてしまうため

自分を守るために

恐ろしいほどの牙をむくのです。

そういったことを進めている

コミュニティがあるらしいんので

それはただの夫婦喧嘩や旦那さんや恋人が

ただわがままな場合や、

自分のほうが強くいたいだけの

お山の大将的な人ならば

それでいいかもしれません。

でも、自己愛性人格障害だと

そのあとは、あなたを潰すために全力で

攻撃し続けてくることに

なるかもしれませんので

反論することや

自分の気持ちを伝えてしまうことを

絶対にやってはいけないのです。

自己愛性人格障害に平等はあり得ません。

常に自分のほうが上に立っていないと

許せないのです。

悔しい気持ちも分かりますが、

普通の人となら話し合いも成立して

あなたの気持ちを言えば、

お互いが歩み寄ったり折れたりして

少しづつお互いの気持ちをくみ取り

納得のできるところで折り合いをつけます。

ところが、自己愛性人格障害のひとは

病気で共感力が育たなかったため

共感力がありませんので

あなたの気持ちに寄り添うことは

できないのです。

そのうえひどく傷ついた

自尊心を持っていますので

自分が相手より上に立とうと必死です。

そんななか、あなたのほうが

逆転しようと試みてきたり

逆転ほどしなくてもあなたの気持ちを

伝えてきただけでも

攻撃されたとみなし、

恐ろしいほど全力でつぶしにかかるのです。

この自己愛性人格障害の敵対心を

あおってはいけません。

あなたのほうが今まで以上に

辛い思いをすることになります。

自己愛性人格障害のひととできるだけ

平和にやっていくために

彼からの攻撃をできるだけ

受けないようにしなければなりません。

それには、

自己愛性人格障害のひとの攻撃を

やめさせる事はできませんので

彼からは分からない、

あなたの心の中で

防御することしかできません。

自分の心の中は

あなた自身でコントロールできますよね。

そして彼からの攻撃で

傷つかないようにすることです。

自己愛性人格障害のひとの心情を理解し

あなたが悪いわけではないということを

真から理解することです。

自己愛性人格障害のひとは

自分の自尊心を上げるために

こじつけてどうしても

あなたが悪いようにしてきます。

そうやって人を見下し、

自分で自分を上に立てていないと

生きていけないほど辛いのです。

そこを理解してあげて

寄り添うのではなく

心の中で無視してください

彼はそうしていないと生きていけないと

理解してあげてください。

自己愛性人格障害のひとも

そうすることをやめることができないのです。

そしてギリギリ自分の心を持たせています。

そこを理解できないと

あなたも辛いです。

自己愛性人格障害のひとの言うことを

まともには受けず

そうしないと生きていけないからと

あなたの心の中で

その言葉を受け付けないように

自分を守ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする