自己愛性人格障害の用心深さ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の用心深さについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

ふだん、そんな風にみえませんが、

自分は人をつぶして生きていますが、

自分が人に嫌われることを

非常に恐れています。

人に嫌われることが

異常な恐怖となるため、

常に親切に心がけています。

彼の親切も本当に細かいところに気がききます。

虐待している人に怒っているところを

ほかの人に見られても

彼が出世したり、本当はいい人なんだと思われるのは

彼の中に

尊大な自分ではなくなることへの

異常なまでの恐怖心により

周りの人に親切にすることをやめられません。

だから、

自分の怒りをぶつけるために

叱咤した相手の面倒を見ているところを

周りの人に見せたり

優しくしているところや仲良くしているところを

常に見せています。

だからそんな様子を見て

周りの人はほっとして

(なんだ。。思いやりから面倒を見ていただけだったんだ。。。)

と胸をなでおろします。

そしてターゲットにされている人も

自分の面倒を見てくれているから

愛情のある叱咤だったんだ。。と

安心して

彼に厳しいことを言われても

必死で彼についていこうとします。

これが彼女や師弟関係、

そして社内の先輩などの関係を使いやすい理由です。

しかも周りの人にも

被害者本人にも

分かりません。

そして、今回Tiaraがブログに書いているようなことを

世間でいうと

一生懸命教えてくれているのになんだ!と

こちらが思われてしまいます。

だから、むしろ虐待している人のほうが

厳しいけど本当はいい人、という風に見られ

被害者は、きちんということをついて

ののしられ続けなければ、

被害者のほうが、素直に注意を聞けない人

と思われてしまうし、自分自身もついていってしまって

気づいたら精神をボロボロになるまで

傷つけられています。

本当に相手のことを思って厳しいことをいう人と

何が違うのでしょうか?

はた目には分かりませんが、

相手のことを思って言っているわけではなくて

どれだけ叱咤を受けても相手が育ちません。

そしてよく見ていると

自己愛性人格障害の人は

相手をののしり続けているとき

高揚しているのです。

相手の成長のために言っているのではなく

自分自身の怒りの発散、

そして尊大な自分を周りに見せつけることが

同時にできる満足感です。

自己愛性人格障害の人の

人に嫌われたくないという臆病な面と

尊大な自分、相手を潰しても逆らわれないという

すべてを満たして、

そのうちに被害者のほうが、普通ではいられなくなるでしょう。

ちょっとしたことにびくびくしたり

自分に自信がなくなったり

周りから軽くみられるようになったりします。

それは決して

愛のある叱咤とは言えないでしょう。

いくらじこあいせいじん各障害の人が

用心深いとは言っても

時間とともに被害者も周りの人も

だんだん気づくようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara エツコ より:

    はじめまして。私も、付き合って10年の自己愛性人格障害の彼が居ます。彼の病気のことを知ったのは付き合って4年目くらいで、彼の病気を教えてくれたのは、彼のお母さんでした。それから、この病気についていろいろ調べたこと、彼の行動を見ていて、この付き合いに未来がないことや、どんなに愛を持って尽くしても、あっさり捨てられることは覚悟していても、いまいち府に落ちてなかったのが、このホームページを読んで、スッキリしました。私の彼の症状も年々悪化していますが、なかなか見捨てられずにいたのは、私の仕事が人の相談にのることや自立力に身につけてもらうコンサルタントだったことで長引いてましたが、このホームページのお陰で、後ろめたさ感じず別れられます(笑)
    また、最近、悩みの相談に来られる方や職場でのトラブルの原因が自己愛性人格障害の人であることが多く、具体的に書かれてるこのホームページで助かる人がたくさんいると思うので頑張って下さい。

    • Tiara Tiara より:

      エツコ様

      いつもTiaraのサイトを音連れてくださりありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      自己愛性人格障害の問題には、被害にあっている本人ですらとても気づきにくいです。
      エツコさんの彼のお母様が知っていらっしゃったことには驚きますが、よかったと思います。

      子供が小さいころに親が気づいて病院や専門の期間で治療すると治ることがあると聞いたことがありますが、
      エツコさんの彼は、ある程度大人になってから気づいたのでしょうか?
      でもまだ気づいただけよかったですね。
      治療までできるといいのですが、30代も半ばを超えるとまず難しいと思います。

      エツコさんはある程度覚悟はあったのですね。
      人の相談に乗ったりする人というのは、相手の気持ちに立って相手のことを思って話をするので、エツコさんの中に何とかしてあげたい、
      という気持ちがあったのでしょうね。
      普通の人でも自分の彼のことは何とかしてあげたい、と思いますが、エツコさんは人一倍彼の気持ちに寄り添ってっしまっていたのでしょう。

      人の気持ちに寄り添うことは悪いことではありません。
      共依存は人の気持ちに寄り添いすぎる病気だとかボーダーだとか言われることがありますが、Tiaraはそれは病気ではなく人間が本来もっていてほしい気持ちだと思っています。

      ただ、相手が自己愛性人格障害だった場合は、本当に恐ろしいことになるので、そういう人こそ離れたほうがいいですね。
      10年も一緒にいたのではお辛いでしょうが、年齢とともにひどくなるのでこのまま一緒にいてもどれだけ愛情をかけても彼には伝わりません。
      エツコさんは自分のことを考えてできるだけ早く離れてくださいね。