自己愛性人格障害の人が怖がっているものは?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

恐れている何か、について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとが

怯えていることは、

ふつうのひとにとっては

別になんでもないことです。

それは、

表面上からは見えない

心のなかが大きく違うのです。

被害者になるようなひとは、

本当に彼の事を思っていくので、

心のなかで

どんどん彼に寄り添っていき

尽くそうとします。

たとえ、

ひどいことをされても

普段の彼がとても優しいので、

たまたま機嫌が悪かったのだろう

と思って許してしまったりするのです。

その許してしまう

心の優しいあなたを見て、

自己愛性人格障害の彼は、

あなたには虐待をしてもいいのではないか

と思ってしまいます。

でも、

極度に臆病な自己愛性人格障害のひとは、

とても用心深いので、

普段は

どうしても優しい親切なひとを演じることを

やめられません。

でも、

そうやって必死になれば

必死になるほど

疲れは溜まっていき、

心の怒りがパンパンになったところで

誰にぶつけようかと

ぶつける相手が必要になるのです。

それが被害者であるあなたです。

あなたなら

彼のことが好きですきでたまらないし、

どうしても仲良くやっていきたいし、

彼の事を

周りの人にもよく思ってもらいたいから

ひどいことをされても我慢してしまうし、

それでもやっていこうと努力するし、

自ら悪者にもなろうとします。

自己愛性人格障害のひとで

「私が悪いんです。」というひとを

もう何人みてきました。

その人たちは、

「私が彼の気持ちをわかってあげられなかったから

悪いんです。」とか

「もう一度彼とやり直したいけど

無理ですか?」とか

「彼を怒らせないようにするには

どうすればいいですか?」と聞いてきます。

彼が意味もなく

彼女たちにぶつけて

ストレス発散の道具にしていると言うのに、

自分の努力で

なんとか彼を平和に保つための努力を

しているのです。

彼が

どれだけ八つ当たりや嫌がらせを繰り返しても、

私がなんとか押さえられないでしょうか、

とできるわけのない努力に

まだ挑戦しようとしていて、

怒っているというひとは非常に少ないです。

自己愛性人格障害は

子供の頃になんらかの理由で

共感力を感じないように育っていて、

自分の中の

どこか足りない部分に不安を感じていますが、

それがなんなのかまったくわかりません。

共感力というものを

もともと持っていないのです。

嫌われることが非常に怖くて、

どうしても尊大な自分を見せつけて、

いい人にみられようという努力を怠らないのに、

おなかのなかの怒りはどんどん増していくのです。

そしてそれを安心してぶつけられるひとを

無意識のうちに探しているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする