自己愛性人格障害の人にはまったく敵対心がない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人には

まったく敵対心がない、という

お話をしたいと思います。

前回、被害者の人が、

自己愛性人格障害の人の

理不尽な怒りを常に

ぶつけられていると

だんだんとあなたらしさを

失くしていく、

というお話をしました。

自己愛性人格障害の人というのは

あなたとはまったく正反対で

被害者の人に

自分の中の理不尽な怒りを

ぶつけているにもかかわらず、

ふだんは、まったく敵対心がないのです。

怒りをぶつけて

八つ当たりをした後でも

さらっとした顔をして

紳士的にふるまいます。

とても精神的嫌がらせを

しているようには思えません。

さっぱりしているようにも見えます。

怒りをあらわにするほど

怒ったが、いったんは口にしたが

ずるずる引きずらない、という感じに見えます。

だから分からないのです。

本当は、

自己愛性人格障害の人は

人に嫌われることを

極端に恐れています。

だから、人前では

おなかの中にたまった

今にも破裂しそうな怒りを

完全に引っ込めています。

でも、ターゲットがそばにいた場合

自己愛性人格障害の人の

一番都合がいい時に

ターゲットに向けて

それを出すのですが、

それを瞬時に引っ込めてしまいます。

だから周りの人から見たら

いう時は言うけど

さっぱりしている、と

普通の常識からみると

いいふうにみえるのです。

世間の常識にあっていると

言えますので

理不尽な思いをしている、

被害者本人にしか

分かりません。

時には、被害者本人にですら

被害者の責任感の強さから

被害者が、

自分が悪いと思ってしまうので

誰にも分からないこともあります。

そして、

被害者になるような人のほうが

自己愛性人格障害の人の中の怒りを

常にぶつけられているうちに

辛くなって、だんだんといっぱいいっぱいになります。

そしてあなた本来の優しさを

人に向けられなくなっていきます。

そして、まったく敵対心のない

自己愛性人格障害の人のほうが

よく見えるのです。

敵対心のない、

自己愛性人格障害の人のほうが

印象がよいのはそのためです。

自己愛性人格障害の人は

ひどく臆病で、

人前では、人のいい親切で

才能のある人を演じ続けています。

だからとてもコミュニケーション能力が高く

感じがよいです。

そして実際には

潰されている被害にあった人のほうが

信じてもらいにくくなるのです。

なぜか被害者のほうが、

理不尽に

自己愛性人格障害の人の感情を

ぶつけられているのに、悪者になり、

周りの人の考え方によっては

自己愛性人格障害の人は

人が言いにくいことを

はっきりと言ってくれる

愛情のある叱咤で、

しかも後には引きずらないで、

さっぱりとしているいい人、

という風にうつることがあります。

本当は、

自己愛性人格障害の人のほうが、

自分の中の怒りをぶつけるのですが、

うすうす気づいても

自分に関係のない人は

多少気づいてもめんどくさいので

知らん顔をしています。

だから周りの人に

わかってもらいにくいのです。

そして、自己愛性人格障害のひとは

基本ターゲットにしか

怒りをぶつけません。

どこをどうとっても

自己愛性人格障害の人のほうが

生きやすく、

被害者のほうが

生きにくい世の中に

なってしまうのです。

自己愛性人格障害の人に

被害者が気づけば、

他人なら逃げるのも簡単でしょう。

でも、恋人や夫婦の場合、

攻撃していることすら外部の人間には

見せないのです。

家の中だとさらに分かりにくいです。

だから、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いた場合は

あなたのほうから逃げるより

あなたが幸せになれる道は

ないのです。

悲しいですが、

あなたが見ている彼は

自己愛性人格障害の人に都合のいい

作られた世界なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする