自己愛性人格障害の結婚するタイプの人としないタイプの人の違い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の結婚するタイプと

しないタイプといることについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの相談を

お伺いしていると

結婚している人と

ある程度年齢がいっていても

結婚していないタイプのひと、

そして若いころに結婚して別れ

そのあと、ずっと独身という方も見えます。

 

何度も付き合っては別れを繰り返し、

最後には本当に別れてしまう場合と

結婚する場合とが、あるようですが、

途中で離婚してしまうケースもあれば

最後まで添い遂げる場合もあります。

 

続かないとは一概に

言えないのです。

 

若い人は、この結婚というものにこだわり

自己愛性人格障害のひとと結婚できなかったことを

嘆く人もいますが、

自己愛性人格障害のひととの結婚は

波乱万丈に満ちたものが多く、

みなさん大変苦労しておられます。

 

 

自己愛性人格障害は

なぜかその特徴により

生活は苦労しているというケースは少なく

仕事に関しては成功している方が

大勢見えます。

ですが、そういった方でも

感情面に関しては非常に不安定な場合が多く

家庭内で、長期間、意味もなく無視され続けていたり

すべての責任を奥様に擦り付けていて

奥様が悪く言われているケースが

非常に多くあります。

 

なので自己愛性人格障害のひととの結婚は

ゴールではなく、

そこからが、いろいろ大変なんだと思います。

 

家庭内で無関心になるのは

非常に難しいですし、

家族だから、とわかってもらいたい気持ちもあり

話し合いを重ねてしまうと

どんどんあなたは追い込まれてしまいます。

 

恋人の場合も、

あなたが思うように彼にもあなたのことを

大切に思ってほしいという気持ちが

出てしまい、無関心になると、

それはもう、恋人ではなくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の特徴を知ると

すべてが別れてしまうように思えてくるのですが、

実際には、一緒にいると冷たくされ、

離れようとするとしがみつき行為を行うという

あなたと真逆の行動ばかりとってきますので

くついたり離れたりを繰り返し、

どちらかが苦痛になって

耐えられなくなってしまったときに

本当の別れが訪れます。

 

結婚までたどり着くと

良かったように思えるのですが、

結婚までいっさいそういった行動を出さず、

結婚や出産をしてから

モラハラ化するケースもあります。

 

あなたの恋人が、

自己愛性人格障害だと気付いた場合には

結婚、離婚や付き合った期間にこだわるのではなく

彼とあなたが

このまま平和に穏やかに暮らしていけるのかを

冷静に判断してみましょう。

 

結婚は楽しいことばかりではないのです。

 

そんな時に助け合い、支えあえる家族になれなければ、

彼との付き合いをもう一度冷静に

考えたほうがいいのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください