自己愛性人格障害のひととは話し合いをしてはいけない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

何もしていない人を責め立てるのが得意

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

何もしていない人を責め立てる、

と言われていますが、

どうやって何もしていない人を

責めることができるのでしょう?

 

 

何もしていないのにいちゃもんをつけていたら

周りの人が聞いていておかしいと思います。

 

実際、おかしい、と思う時もあるのですが

人のことはたいていめんどくさいので

なにかもめてるな、と思っても

気にとめないひとも大勢いるし

自己愛性人格障害のひとが怖いので

気づいていないふりをしている人もたくさんいます。

 

 

その中にもし、

正義感の強い人がいて

見破られてしまうようなときは

自己愛性人格障害のひとは

もめ事を絶対に起こしません。

 

だから分からないのです。

 

 

もめ事を起こしたり

誰かを叱咤するときには必ず、

ターゲットと二人きりの時か

自己愛性人格障害のひとに

逆らわない人たちばかりの時に

限られています。

 

だから本当はきちんと指摘できる人が

いないといけないのですが、

会社でも学校でも、上司や先生が

頼りがいのある人ばかりとは

限りません。

 

気の弱い人ばかりだったり、

自己愛性人格障害のひとの

ご機嫌を取るような人ばかりだと

自己愛性人格障害のひとにとって

とてもやりやすいのです。

 

 

ましてや恋人や夫婦の場合

密室で行われていることが多く、

被害者の人は反撃しても、話し合っても

自己愛性人格障害のひとには

勝てません。

 

 

誰かが言ったことに

文句を言うだけで済ませることは、

とても簡単なことなのです。

話をするほうが明らかに

難しいです。

 

 

例えば、自己愛性人格障害のひとは

相手にわざわざ話をさせて

揚げ足をとり、叱咤をしたりけなしたりする、

ということを非常によくやります。

 

分かってもらおうと一生懸命話をすればするほど

叱咤されることになるのです。

 

 

あなたが常に完ぺきに話せるとは限らないし、

ちょっとしたいいまちがいや、

うまく説明できないことは

誰にでもあると思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

人のちょっとしたミスや、少し言い間違えたこと

あいまいなことを使い、

そこを徹底的に何度も何度もたたくのです。

 

話をするよりもミスをつつくほうが

はるかに簡単です。

 

初めのうちはとても怖いかもしれませんが、

いったんそのことに気づくと

毎回こじつけて悪者にしようとしていることが

とても分かりやすくなります。

 

意味もなく人を長時間にわたり

責め続けていることに気づくと

今までは気づかなかった

自己愛性人格障害の異常さに

意識せずとも気づけるようになるのです。

 

 

そういう時の自己愛性人格障害は

テンションがマックスになっていますから

違うということを分かってもらおうと

一生懸命話し出すと

さらに責めるポイントを見つけて

徹底的にたたくことに

高揚しているのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとと

話し合いをしてはいけません。

 

なぜなら、話し合えば話し合うほど

あなたが悪者にされるからです。

 

ちがう、ということは

きちんと話の分かる人にだけ

話せばいいです。

 

自己愛性人格障害のひととは

付き合いをしようとしても無理なのです。

 

 

あなたが赤いと思ったことを

「どう見ても青だろ!」とか

「赤いとなぜ思った?理由があるのか?」とか

「説明してみろ」と次々に質問をぶつけてきて

あなたがどもると

「分かってないくせに言おうとするな」

など、言おうと思えば

相手に話をさせるだけでどれだけでも

責め立てることができるのです。

 

 

あなたは彼と関係をよくしようと思って

話し合いをしようとするかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとは

どれだけ話し合っても

分かってもらえるどころか、

どんどんあなたを悪者にされ、

あなたが傷つくだけなのです。

 

あなたは自己愛性人格障害のひとが

もうわかると思いますので、

自己愛性人格障害のひととは

あ話し合いをしないでください。

 

できるだけはなしあわないようにし、

話は短く済ませ、

できればYESもNOもはっきり言わないことです。

 

 

どれだけあなたが

自己愛性人格障害のひとのことを

わかってあげようと寄り添っても

自己愛性人格障害のひとは

あなたをののしるだけなのです。

 

 

自己愛性人格障害の人にとって

話し合いとは

あなたをののしるための

道具なのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひととは

必要最低限の話だけをして

それ以上はすぐにさりげなく

あなたの身を守るために

そっと席を離れてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください