自己愛性人格障害の人は自分の怒りを出すタイミングを調節することができる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

怒りをぶつけたあとは

まったく先程までの感情をかくして

そんなことはなかったような顔を

することができる、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のことが分かってから

彼らを見ていると

たまにものすごい勢いで

いつまでもネチネチと

長時間ターゲットに向けて

お説教をしているところを

たまに見かけるのですが、

やはりそれを周りの人たちは

嫌な空気を感じ取りながら

少しでも席を外したくなったり

聞こえていても聞こえないというように

ふるまっているようです。

実際にTiaraの耳にも

「あーいう時は席を外したくなるんだよね。」

とか

「聞きたくなくても聞こえてしまう。」

という話をよく聞きます。

だから周りの人の中にも

気づいている人はいるようです。

やはり、自己愛性人格障害を

はっきりと知らなくても

「あーいう人とは関わらないようにしてる。」

という声を多く聞きます。

おそらく自己愛性人格障害のひとも

みんなが良く思っていないことには

気づいているようで

そういう時こそ

後からものすごく柔らかい雰囲気を

出していることが分かります。

分かっていないのは

被害者だけかもしれないのです。

被害者であるあなただけが

悪者になっているような

気になってしまっていて

自信を無くしたり、

悪い風におもわれてしまった、

と思い込み、勝手に身をすくめているだけ

かもしれないのです。

周りの人すべてではありませんが

一部の人は、その嫌な

雰囲気に気づいているのです。

そして、そのことをなんとなく予測している

自己愛性人格障害のひとは

それを打ち消すように

普段よりもものすごく優しく

穏やかなあ雰囲気を

だしていることが多いのです。

自己愛性人格障害のひとんは

怒りを出してもいいタイミングでは

思いっきり怒りをあらわにし

今出すとまずいと思う時には

何も中たような

涼しい顔をすることができるのです。

まるでさっきまで人をののしっていたなんて

考えられないほど

穏やかで陽気です。

まるで、先ほどのことなんて

なかったかのようにふるまっているのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分が人を嫌うことはいいのですが

人から嫌われることに関しては

かなり臆病で、嫌われることに

恐怖を感じるほど耐えられないのです。

だから、長時間怒りをあらわにした後は

特に穏やかで優しい人です。

先ほどのことなんてこだわってもいないので

瞬時にいい人になり切れるのです。

それを見た人は

彼のことを

いつまでもこだわらない

さっぱりした怒り方に見えて

メリハリのあるいい人に見えてしまうのです。

怒るべき時は

きちんと怒って

でも、普段はそんな人間じゃない。

「また今度楽しいお酒でも飲みに行こうよ。」

とか実際にののしっていた人にでさえ

明るく声をかけることすらあります。

だからさっぱりした人間に

見えてしまうのです。

ですが、自己愛性い人格障害のひとは

こだわっていない

さっぱりした人物なのではなく

自分の先ほどの恐ろしいののしりや

いたぶりを隠していて

なかったことにしているだけなのです。

人から嫌われることを

極端に恐れている臆病な性格のために

そんなに急に変わることができるのです。

ですが、そのことは、

すぐに分かることではなく

何年か一緒にいると

全く反省の色がないことや

自分が悪いということを一切認めないので

おかしい、とわかってくるようになります。

そして同じことを何度も何度も繰り返し

やりますので

だんだんとわかってくるのです。

その時に、

自己愛性人格障害のひとには

良心がない、ということが

はっきりわかったのです。

気づいた時には

本当に恐ろしく、

彼との将来を夢見て

長い間、頑張ってきた人には

ショックだと思いますが、

今後も一緒にいることは

彼がもし

自己愛性人格障害のひとだったとしたら

無理なことなのです。

できるだけ

自己愛性人格障害の知識を身につけて

できるだけ早く彼から離れたほうが

あなたのためかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする