自己愛性人格障害の彼とずっと一緒にいたいと思うあなたへ



こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

一緒にいることは

とても危険だと言うことについて

お話したいと思います。

よく、自己愛性人格障害の彼と

一緒にいて、いつか分かってくれる、

と献身的に

彼に尽くしてしまう人を見かけますが

このまま彼と一緒にいても

残念ながら

分かってくれることはありません。

自己愛性人格障害とは、

生まれつき、ではありませんが、

育っていく過程で

共感力が育たなかった病気です。

もともとあった共感力が

何らかの理由で傷ついたため

共感力を使うことにひどく傷ついて

共感しないようにしている場合とは

違います。

もともとなかったのです。



共感力とは

もともと人間に自然に

備わっているものではなく

親や周りの人の愛情や、

共感してもらうことによって

自分とは大事にされる存在なんだ、

と学んでいくものです。

子供はほっておいても

体は育ちますが、

心は、そばにいる人間が

寄り添ってあげないと

育たないのです。

だから、彼を責めることは

できません。

彼も幼いころに何らかの理由で

誰かに共感してしてもらい、愛されて

当たり前の愛情を

かけてもらうことが

できなかったのです。

そのため、自尊心が低く

外見上はそのことに

耐えられないので

隠していますが、

自分には生きていく価値が

ないと思っています。

なので価値のある自分に

異常なほど執着していて

誰よりも尊大な自分だと

思い込もうとします。

アドバイスや助言などは

それを邪魔されるような発言ととられ

あなたがどんなに彼のことを

思っていっても

彼の心には届きません。

そのため、まともに話ができないし

彼の中の怒りを

安心できるだれかにぶつけなければ

冷静でいられないので

恋人や妻がその対象となります。

彼のことを大事に思い

一緒におなじ道を、彼と

歩んでいきたいと願う人が

一番のターゲットとなります。

彼もそんなあなたを

手放したくありませんが

彼と一緒にいる時間が

長ければ長くなるほど

あなたが地獄を見ることに

なるでしょう。

よく、家族の場合は

見放してはいけません、とか

理解してあげてくださいと

いう話を聞きますが

そばにいる人間が

どれほど苦しめられているか

責任の取れる範囲で話をしないと

そばにいる人間が

苦しむことになるでしょう。

決して無責任なことは

言えないのです。

ただ、決めるのは

そばにいるあなたです。

自己愛性人格障害の人にも

程度があるので

すべての人ではないと思いますが

それを見極めることができるのも

あなただけなのです。

Tiaraは、そばにいることをさけ

できるだけ離れたところから

彼に伝えるほうがいいと思います。

伝えるのも、できるのならば

言葉ではなく

彼が自分がなにかおかしいと

気づくように仕向けるのがいいと

思います。

直接言うのは

大変危険だと思います。

tiaraは直接いってしまいました。

でも、彼とは離れるつもりで

言ったのです。

彼が、tiaraと離れたあと、

自分の人生がうまくいかないことに

気付き、tiaraの言葉を思い出してくれたら、

それが治療のきっかけになるかもしれない、と思ったからです。

tiaraはすべて自己責任でやることを

決めました。

彼がいつか自分の病気に気がついて

治療のきっかけになってくれたらなあ

と思います。

離れたからといって

決してあなたの愛情が

浅かったわけではありません。

自己愛性人格障害の人の

そばにいる人の愛情は

決して薄いものではないはずです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする