自己愛性人格障害の人は、性格が悪い、というわけではない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

性格が悪いわけではない

というお話をしたいと思います。

自己愛性人格障害とは、

病気というわけではなく

性格の一種と思われていることも

多いようです。

ナルシストや自己中とよく似ていますが、

それが、他人の精神状態を壊すほどまでに

攻撃を強めてしまうところが、病的なのです。

ただのナルシストや自己中は、

病気ではありません。

人に言われたり、自分でいけないなと

自覚することもできます。

実際、今まで正常な感覚だった人が、

ある日突然、何らかの原因で

自己愛性人格障害に

なってしまうわけではなく、

育っていく過程の中で、

相手の気持ちを考えられる状況ではなく、

自分が称賛されることだけでしか

自分の存在価値を認められなくなってしまった性格のようなものです。

ただし、それは、性格が悪いとか、

単なる自己中だとかいうレベルではなく、

自己愛性人格障害の人本人が、

そうして他人を潰していくことでしか

自分を認められない

他人を潰して称賛されるという

実質不可能なことを、

し続けなければ生きていけないほどの

想像を絶するほどの恐怖を、

抱えて生きているのです。

だから本人が、他人を潰して満足する、という

性格が悪いというレベルではないところが病気なのです。

やっていることは

自覚なく本当にひどいことをしていますが、

それでやっと

通常の生活が送れるレベルなのです。

ありのままの自分を認めることができないので

特別な自分になるために

想像を絶するような努力を

し続けているため、魅力的な人が多く、

取り巻きを作るのも非常に上手です。

だから、そんな人がひどいことをするとは

思えません。

人は、想像できないことが起きると

不安になったり、恐怖を感じたりします。

自己愛性人格障害の人は、

やっていることと見た目が

あまりにも違いすぎるので

想像することができず、余計に不安を感じたり

恐怖を感じてしまうのです。

一緒にいることは大変危険です。

あなたの精神が崩壊してしまいます

でも、自己愛性人格障害の人にはそんな意思は全くなく、

尊大な自分しか受け入れられないので、

他人に称賛されるような言動を常に

とり続けているのです。

自己愛性人格障害は、

病気であり、性格ではないのですが、

世間の人からは、

そういう性格なのだと思われてしまうのです。

そして他人の態度を通してしか、

自分の存在価値を認めることしかできないので

自分を常に称賛してくれる人を

そばに置きたがります

自分では、自分の価値が分からないのです。

だから恋人になる人は、

自己愛性人格障害の人を

称賛してくれる人をそばに置き、

自分を批判するような人は

遠ざけてしまうのです。

どんなことをしても許してくれる人を

好むので、もしあなたの恋人が

自己愛性人格障害だったとしたなら

あなたは常に

彼に称賛し続けているのでしょう。

彼と距離を取りたければ称賛しないことです。

そうすれば、自然に彼のほうから

あなたと距離を置きたがるでしょう。

自己愛性人格障害とは病気なので

彼を恨んでも仕方のないことなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする