自己愛性人格障害のひとのあまりにも不自然な怒りのタイミング


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひと

あまりに不自然な怒りについて

お話ししたいと思います。

Tiaraが、自己愛性人格障害に気づいたのは

やはり彼が怒りを感じるときの

タイミングです。

確かにいろんな人がいますし、

物の考え方も、人それぞれなので

怒るツボが違うのは分かります。

おそらく

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

ほとんどの人が

普通の人よりも

細かいことは流してあげる寛大な優しさを

持った人なのではないかと思います。

だってそうでなければ

ある程度長い間、

自己愛性人格障害のひとと付き合うことは

無理なのですから。

自己愛性人格障害の被害者は

悔しいことにあなたの我慢が足りない、

と周りの人に言われてしまう人が

多いと思うのですが、

そうではありません。

むしろ、普通の人よりも

些細なことを、

寛大な心で流し続けたから

自己愛性人格障害の被害にあっていると言えます。



自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつけていないと

恐怖でつぶれてしまいそうですので

常に素敵な自分を魅せつけています。

だから、

自己愛性人格障害のひとの性格の結果、

彼からいろいろなことをしてもらった人も

非常に多いと思います。

数々のプレゼントをもらった人もいますし、

生活の面倒を見てもらっていた、

という人もいるでしょう。

海外に何度も連れて行ってもらっている

という人も

よく聞く話なのですが、

被害者の人はこれが欲しくて

自己愛性人格障害の彼とお付き合いをしていた、

なんて人は少ないはずです。

まあ、絶対ないとは言いませんが、

それ以上に、

彼に献身的に尽くしてきているはずです。

自己愛性人格障害のひともそういう人しか

選ばないし、そういう人しか

自己愛性人格障害の彼についていけないのです。

だから、自己愛性人格障害のひとの怒りに

疑問を持ちながらも

許してしまったり、

自分ばかりが寄り添って

めった打ちにされているのです。

いつか分かってくれる、というのは

自己愛性人格障害のひとには

通用しません。

途中で気づく自己愛性人格障害のひとも

たまにいるのですが、

上手くいっているうちは気づかないのです。

被害者が謝ったり、縋り付いたりすれば

ほらやっぱりお前が悪いんだろう、

としか思いません。

何度も何度も不自然な別れを経験し

自分が関係をぶち壊してしまってから後悔し

自分はなにかおかしい、

と気づいた人だけが、

自己愛性人格障害という病気に気づくのです。

でもそれは、非常にまれなケースで

死ぬまでなんでこんなことになるんだ、

と相手を責め続け、

死んでゆく自己愛性人格障害のひとが

ほとんどなのです。

彼のためにも気づいたほうが

少しは納得できますし、

人を避けるということもできます。

年齢がまだ若ければ、

もしかしたら奇跡的に治るチャンスだって

あるかもしれないのです。

そのためには、

被害者がそばにいてはいけません。

被害者が被害者のままそばにいるんじゃなく

被害者自身が気づいて

逃げることが

自己愛性人格障害のひとを治すチャンスに導く

きっかけになることだって

あるかもしれないのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする