自己愛性人格障害のひとは自分のしたことをすぐに忘れてしまう

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとも

たまにすべてを思いだし

傷つくことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害とは

知れば知るほど不思議です。

被害者に自分から近づいておいて

否定するのです。

自己愛性人格障害のひとも

初めから虐待目的で

近づいてくるわけではありません。

初めは普通の男女が出会うように近づいていき

二人で楽しい時をたくさん過ごします。

自己愛性人格障害の特徴からも

尊大な自分をどうしても見せつけてしまうため

自分を慕ってくれる恋人に

自分のいいところや得意分野を

たくさん見せつけようとするでしょう。

その時の自己愛性人格障害のひとは

とても魅力的で

あなたも

すぐに夢中になったと思います。

自己愛性人格障害のひとって

ほんとすごい人が多いと思います。

でも、それが病気から

そうせざるを得ない精神状態から来るものだなんて

初めは誰も思わないですよね。

そして彼も絶賛してくれるあなたに満足して

本当に好きだと思うようになるのです。

でもその特徴から素敵なところを見せつけるところと

突然の拒否否定を繰り返し

だんだんとあなたは彼とトラブルを起こすのが怖くなっていきます。

そして自然に言いたいことが言えなくなり

彼の言うなりになっていくのです。

それがマインドコントロールなのですが

自己愛性人格障害のひとも

そんなことはしようとは

思っていないんです。

だんだんいうことを聞くようになっていく

あなたに

さらに彼の欲求は強くなり

自然と上下関係ができてしまうのです。

そしてそれがだんだんにひどくなり

激化すると

あっという間に関係が終わってしまうことも

よくあります。

そしてあなたから離れた彼は

しばらくして落ち着くと

ふいに自分のしてきたことを思いだします。

そして傷つくのです。

Tiaraはそんな彼を何度も見てきました。

ひどいことをしてそれを思いだし、

後悔するのです。

もしかしたら

それもマインドコントロールのうちで

弱いところを見せて

あなたのやさしさから、

そんな彼を見捨てることができず

また彼を理解しようとしてしまう

その気持ちもありますが、

本当に後悔して嘆き悲しむこともあるのです。

そういう時は、

本当は記憶喪失なんかではないので

自分で自分を正当化して

忘れているだけなのですが

ふと思いだしてしまうんだな、と思うのですが

また何日かすると

元の彼に戻ってしまいます。

ひどいことをした自分を覚えていると

ショックが大きすぎて生きていけないので

また無意識のうちに

記憶を書き換えてしまいます。

そしてそれが永遠に繰り返されるのです。

自己愛性人格障害のひとと

つきあったことのあるひとは、

知れば知るほど

不思議だし、ある規則に基づいて

感情が動いているので

いったん分かるようになると

普通の人よりも

予測が可能となります。

自己愛性人格障害とはその特徴により

どうしても自尊心を保つために

人を潰したくなり

結果、関係性が悪くなりますが

相手を潰そうとは、特に

意識しているわけでもないのです。

本人に悪気はないのです。

そして、本当は

自分のしたことを

どこかで自覚しているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする