自己愛性人格障害の被害者はどこかで人に寄り添うほうが楽だと思っている

こんばんは♡

今日は、

被害者の人の人に寄り添うほうが楽

ということについて

お話ししたいと思います。

最近、Tiaraの恋愛相談室を訪れた方で

「相手に寄り添うほうが

自分もきっと楽なんですよね。」

とおっしゃっていた方がみえたのですが、

Tiaraはそれに同感です。

Tiaraは

確かに、

彼に寄り添う気持ちを持つことで

相手のために自分を押し殺して

寄り添っているときもありますが、

今まで生きてきて

何度か争いごとを経験するうちに

どこかのタイミングで

相手に合わせるほうが楽だと

思うようになっていったような気がします。

若いころは、

もっと言いたいことを言っていたと思います。

その時に付き合っていた彼を

振り回してしまったこともあるのですが、

結婚を意識するような年頃になってから

相手に合わせるほうが

楽だと思うようになった気がします。

どこかでそれが

大人になるということだと思っていましたし、

相手に合わせてあげると

彼も喜んでくれます。

そして彼が喜んでくれることによって

仲良くなれたり

ケンカが減ったりして

幸せに暮らせたような覚えがあるんです。

そしてそれを感じたときから

相手が変わろうが

ずっと相手に合わせて生きてきた気がします。

そのほうが、言いたいことを言っていた時よりも

平和で、穏やかな関係性を築けるので

ケンカばかりしているよりも楽なんですね。

実際このやり方で

上手くいかなかった人はいません。

ところが、

相手が自己愛性人格障害のひとになると

話は別です。

被害者の人は

わりと穏やかな性格の人が多いのですが、

なぜか自己愛性人格障害の彼と付き合うと

普通の人が想像もできないような

修羅場になっているのです。

そして修羅場になった後も

彼に寄り添う気持ちが抜けず、

むしろ拒否されることにショックを受けて

彼に認めてもらおうと

すごいことをされているにも関わらず、

彼と一緒にいたいと悩みを打ち明けてくるのです。

この、今までうまくいっていたから

この人にも同じやり方でやればうまくいく、

という思いは、とても危険です。

被害者の人は、この

相手に寄り添いすぎる気持ちが

ありすぎるのです。

もう少し自分を持ってください。

嫌なことは嫌だと

自分で感じ取る能力を

麻痺させてしまっています。

Tiaraが相談をうかがった

どの被害者の方もそうです。

そのほうが今まで平和だったからです。

そして気づかない間に

状況がどんどんひどくなってしまうのです。

誰にでも同じやり方で必ず仲良くなれる、

と思うのは非常に危険です。

だって中には

自己愛性人格障害のひとがいるので

自己愛性人格障害のひとは

あなたの相手に合わせる気持ちを利用します

利用してどんどん自分の思い通りに

パートナーを傷つけたり

称賛してもらったり

ひどいことをしても「会いたい」

や「好きだよ」の一言で

簡単に許してもらえるような

関係になっているので

パートナーに気を使わなくて済むのです。

普通の人は

相手が自分に寄り添ってくれたら

自分も相手に寄り添うことをしようとします。

けれど、自己愛性人格障害のひとは

そういった思いがありません。

共感力がないので

あなたの気持ちを考えることは

ありません。

だってあなたは

どんなにひどいことをしても

勝手に寄り添ってくるからです。

今までと同じやり方をして

あなたの彼が違うな、って思ったときは

即座に今までのやり方を

変えてみてください。

相手が違うのに同じやり方をしていて

違うなって思う人は

今まであなたが出会ってきた人たちとは

違うタイプのひとかもしれません。

被害者になったことのある人は

相手に寄り添うことで

認めてもらおうとするよりも

もう少し自分の気持ちを考えてみたほうが

いいかもしれません。

被害者になるような人は

自分の気持ちを感じることに

怠けているのかもしれません。

これからは、

もっと自分を大切にしてくれる人に

目を向けてみてはいかがですか?

必ずいるはずだと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする