自己愛性人格障害の被害者になる人の特徴について

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の

被害者になるひとの特徴について

お話ししたいと思います。

 

読者のかたから

被害者になるひとは

人に好かれたいという気持ちが

あるということについて

聞かれたので、

お答えしたいとおもいます。

 

まずTiaraのブログでは

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は、

共依存のひとが多いと書いていますが、

被害者になるのは

共依存のひとだけではありません。

 

実際に、Tiaraも共依存といっても

その特徴にあてはまらない部分も

たくさんあります。

 

ただ自己愛性人格障害のひとからみて

共依存のひとのほうが

魅力を感じやすいようで

被害者になりやすいですが、

すべてのひとが共依存というわけではなく、

普通の人も自己愛性人格障害の

ターゲットになる可能性はあります。

 

そもそも、自己愛性人格障害とは

自分の中の怒りを

おなかのなかに

パンパンにためていますから

どこかで発散させないと

心情がもたないようになっています。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

常に冷静でいるためには

どこかで発散させないと

冷静でいることはできません。

そのために、

共依存のひとがいないときでも

近くにひとがいれば

そのひとがターゲットになることは

あります。

 

自己愛性人格障害のひとは

常に、尊大な自分を

魅せつけていますので

普通のひとからみても

魅力的に見えることはありますし、

彼に好意をみせれば

自己愛性人格障害のひとが

近づいてくる可能性はあります。

 

 

特に共依存でなくても

恋人になることもあります。

 

共依存症ではなくても

普通の人は、恋人になった人を

少なくとも理解してあげようとしますので、

彼の理不尽な怒りを

受け流してしまうことはあると思います。

 

恋人になれば

普通の人も

自己愛性人格障害ではないので

歩みよりをします。

歩みよりをするということは

相手を理解しようと努力しますので、

自己愛性人格障害のひとが

理不尽な怒りを見せることがあっても

分かってあげようとします。

 

こういった理由から、普通の人も

ターゲットになってしまうことは

ありえるのです。

 

だから、

共依存症でなければ

被害に遭わないということには

ならないのです。

 

ただ、自分を大事にする人は

あまりに理不尽な扱いをすれば

すぐに逃げ出したくなりますので、

交際期間は短いものになります。

 

だから、長い間、

自己愛性人格障害の被害に

苦しみ続けると言うことは

少ないと思います。

 

 

共依存症のひとは

極端に相手に合わせようと

してしまいますので

被害にあっていても

なかなか逃げ出そうとせず

どんどん相手に歩み寄ってしまうのです。

 

だから被害が深刻化してしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人がいたら

普通の人でも

気をつけて

歩み寄り過ぎないようにすることが

大切です。

 

はじめのうちは分からなくても

必ず、何かおかしいと

違和感を感じることになりますので

反応がおかしいと気づいたときには

できるだけ早く

心の距離をおくようにしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください