自己愛性人格障害の人の気持ちを理解することの大切さ


こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人の

気持ちを理解することの

大切さについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の

被害に遭われた方は

たいへん理不尽な思いに

非常に辛い思いをします。

なかには

うつ病になってしまった人もいますし

対人恐怖症になってしまった人も

いますし

自分を責めたり自尊心をつぶされて

生きている価値がなくなり

自殺まで追い込まれた人も

大勢いると思います。

そうやって考えると

自己愛性人格障害の人の

していることは

許せないことだと思います。

でも、自己愛性人格障害の人は

それを無意識のうちに

やってしまっているのです。

しかも、本人も自分の中の

不可解な怒りに苦しんでいます。

自分の周りの関係を

壊してしまうことにも

苦しみ続けていることだと思います。

事件を起こしてしまってから

あとで後悔して

ものすごく落ち込んでいるという

自己愛性人格障害の人の話も

非常によく聞く話です。

周りの人から見たら

理解不能なことなので

なぜそんなにも

トラブルばかりなのか

分からないと思います。



それが自己愛性人格障害の人の

脳の構造で考えると

それが普通なのです。

自分の極端に低い自尊心を

何とか保とうとすると

どうしてもそうなってしまうのです。

だから自己愛性人格障害の人に

言っても、話し合っても

自己愛性人格障害の人には

理解できませんので

周りの人が自分の心を自分で

守るより方法がないのです。

自己愛性人格障害は病気だといっても

その被害は本当に想像を絶するほど

怖いものです。

被害者の人も

自分の居場所をなくしてしまったり

自己愛性人格障害の人が

恋人だったりすると、

将来を夢に見て、

がんばってしまうケースも

非常に多くあります。

恋愛関係になったばかりのころは

本当に優しくて

本当にあなたのことを

大事にしてくれているので

まったく分かりません。

むしろ普通の人よりも

幸せに感じる人が

数多くいます。

だから分からないのも

無理のない話なのですが、

もし、長いこと付き合ってしまうと

なかなか抜けられなくなって

しまいます。

少しでも早く気づけるといいのですが

まじめで粘り強い人ほど

我慢を重ねてしまい、

自分が深く傷付くことになり

しかも

なかなか自己愛性人格障害の人から

離れることはできないのです。

だから自己愛性人格障害の人からの

マインドコントロールの関係を

少しづつ紐を解いて

いかなければいけません。

しかも自己愛性人格障害の人は

相手に気づかれないように

少しづつ嫌がらせを強めていくので

あなたが彼のしていることに気づくと

それをすることができません。

ですが、共依存症の人は

相手に寄り添ってしまうため、

ちょっとしたことなら

流してしまうので

なかなか気づきにくいのです。

自己愛性人格障害の人は

はじめは気づかない程度の

ちいさな無視や嫌な顔を時々しますが

あなたは彼のちょっとしたことは

機嫌の悪いときもあるだろうと

許してしまうのです。

それからは、

彼のちょっとしたいやな顔は

少しづつ日常になって行きます。

そしてそれにあなたも

少しづつ慣れていき

彼が不機嫌な顔をしたり、

ふいに無視をしたりしても

またかと思い

当たり前のように

我慢してしまいます。

これはあなたを支配するためと

自分の中の怒りを発散させることを

自己愛性人格障害の人が

しやすくなっています。

そのうち、なにかおかしいと思っても

彼に言えなくなり

あなたさえ、我慢すれば

またいつもの優しい彼に戻ってくれると

我慢することが当たり前のように

なっていきます。

そうやって

だんだんとあなたを慣れさせていくと

あなたも気づきにくくなって

いくのです。

手遅れになる前に気づき、

自己愛性人格障害の人の心情が

どうしてそうなってしまうのか

理解する必要があります。

自己愛性人格障害の人の特徴を

知らないと

どうしてあなたが

そんな理不尽な思いをしなければ

ならないのか、分からないので

とても辛くなってしまいますし、

共依存の人は責任感が強く

すべて自分のせいだと

思い込んでしまうので

抜けられなくなってしまうケースが

非常に多いのです。

そんな思いをしないためにも

自己愛性人格障害の人の気持ちを

理解する必要があります。

自己愛性人格障害の人の

気持ちがわかると

被害者の人は傷付かなくてすみ

恨みにも思わず、

そばにいてはいけないことも

理解できるようになるのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする