自己愛性人格障害のひとの信頼

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

どんなに誠心誠意向き合っていても

あなたを信用していない、ということについて

お話ししたいと思います。

信用していないというと少し語弊がありますが、

自己愛性人格障害のひとは

基本共感力というものがないので

人の気持ちを予測することができません。

例えば、そっけないふりをしていても

本当は好きなんだな、とか

楽しいふりをしているけど、本当は辛いくせに、

なんて、相手の気持ちを予測して

本当はこう思っているんじゃないかな

と感じ取ることはできません。

あなたが楽しそうにしていれば

たとえ強がっていたとしても

楽しいんだなと思いますし

悲しみをこらえているだけなのに

何とも思ってないのか、と

あなたの表情や態度を見て

そのままに受け取ることしかできません。

自己愛性人格障害のひとは

自分の感情も憎しみや怒り

不安といった感情が大部分を占めていて

人を潰したり、人から称賛されたときにだけ

自分に価値があると思い、

少しだけほっとするだけです。

いつも言っていることですが、

自己愛性人格障害のひとは

共感力というものが極端にないので

人の気持ちを察することができません。

長い間、自己愛性人格障害のひとに

尽くしてきた人や

死ぬまで添い遂げた人の話まで聞いていると

歳をとれば歳をとるほどひどくなる、

というの本当です。

自己愛性人格障害のひとは

相手の感情が本当には理解することができず、

常に自分がよく思われているかどうかということに

フォーカスをして常に不安です。

あなたが自己愛性人格障害のひとの

無理難題を常に聞いて

彼のことを認めてあげると

自己愛性人格障害のひとは、ほっとします。

普通の人は

自分のことを大事にしてくれる人を大事にしますが、

自己愛性人格障害のひとにとっては

自分にとって優しくしてくれる人は

安心して自分の怒りをぶつけても離れていかない、

と安心して怒りをぶつけたり自分を称賛してくれる

都合のいい存在なのです。

だから安心するあなたに精神的虐待をして

それでもあなたが彼を認めてくれていることに

ちょっとだけほっとするのです。

それが自己愛性人格障害のひとにとって

信頼で、安心して怒りをぶつけても

離れていかないことが条件なのです。

なぜ、あなたが自己愛性人格障害のひとに尽くしても

周りの人に信用されないようになってしまうのは

自己愛性人格障害のひとが

自分を信頼してもらうために

あなたに責任を擦り付けて

あなたが悪いから自己愛性人格障害のひとが怒る、

という形にするからです。

そうでないと理不尽なことをしていると

世間の人にばれてしまって

嫌われてしまうからです。

ただでさえ自尊心が低くて

自分には価値がないと思っていて

そのことに恐怖を感じている自己愛性人格障害のひとは

人から嫌われると極度の恐怖を表し、

極端にこじつけでも相手が悪いように見せかけていないと

自分が悪く思われてしまうということに

極端な恐怖をいだいています。

だから自分を守るために

あなたをどうしても悪者にしてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとが

あなたを悪く思わせるのは、

あなたが憎いからではありません。

あなたを信頼しているから

あなたを悪者にしてしまうのです。

少しくらい、いいよね?という気持ちで。

でも、常に自己愛性人格障害のひとが

自分の精神的虐待を常に見られないためには

あなたが誰に言わず、

そして自己愛性人格障害のひとの

怒りを受け続けることにあります。

最後には、自己愛性人格障害のひとが

作った数多くの罪を

ほぼ被害者の人がすべてかぶるような形で

終わっています。

そしてそれを本当だと思い込まないと

自分が人に責任を押し付けているような気がして

気が済まないので

自己愛性人格障害のひとも

あなたを本当に悪者だと思い込んでいないと

自分がひどい人間のような気がして

耐えられないので

あなたのことを本当に悪いと思いだすのです。

その被害者の方の気持ちは

本当に純粋に彼のことを思い、

最後まで尽くしてきたのと同時に

あまりにも理不尽な仕打ちに

自分の思いを納得させることができなくて

苦しんでいます。

あなたが辛い思いをしたくなければ

彼からの嫌がらせはそっと彼に返してください。

そうでないとあなたが大好きな彼から

悪者にされてしまうのです。

だから彼から本当に嫌われたくない人は、

できるだけ早く気づいて

離れてほしいと願います。

Tiaraの彼も、

今はどうしているか分かりませんが

少しでも安らかな気持ちで誰も傷つけずに

いてくれたらいいなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする