自己愛性人格障害のひとの共感力について

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとが

ひどいことをしているのに

なぜあんなにも明るく優しく振舞えるのか

ということにについて、ご質問があったので

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

人の気持ちが分からないと言われていますが、

初めに答えを言ってしまえば

共感力がないからです。

 

分からないというよりは

共感しないのです。

 

共感力というのは

人の気持ちを自分の気持ちのように

感じることができる能力のことを言うのですが、

自己愛性人格障害のひとは

人の気持ちが分からないわけではありません。

 

むしろ人が傷ついたり

堪えたりするのが分かるから

それを見たいがために

精神的虐待をするのですが、

虐待をすること自体が目的ではありません。

 

あなたが堪えるところを

見ることができないとすれば

わざわざ虐待なんてしないのです。

 

例えば、会社で嫌がらせをしているときに

ターゲットが辛そうにしていて

なおかつその気持ちに耐えて

辞められない仕事をしに

辛い気持ちを押し殺して

必死に会社に来ているところを見て

少しだけ満足するのです。

それなのにさんざん精神的虐待をした挙句

あなたが苦しむところを見ないままに

あなたが会社を辞めてしまったら

何のために虐待をしたのか

分からなくなるのです。

 

あなたがやめていくところを見ると

あなたが苦しむところを見ることができないので

自己愛性人格障害のひとは

非常に悔しそうな

負けたような顔をします。

 

以前会社の自己愛性人格障害の先輩の

そんな顔を見たことがあります。

 

本当に辛そうで悔しそうでした。

 

その顔を見て、

ああ、

やっぱり辛いんだね、とつくづく

自己愛性人格障害のひとの気持ちが

分かりました。

 

その人のその顔を見て

その先輩が自己愛性人格障害だということも

確信したと思います。

 

それと自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから

自分が、尊大に見える行動をし続けて

周りの人の称賛を求めますが、

周りの人が自分のすごさに

感動しているところを見て

少しだけ満足します。

 

 

満足するより自分の価値を確かめて

ほっとする、という感じです。

 

そしてほっとして

人に好かれていることに満足しているのに

なぜ人の気持ちが分からないと言えるのか、

ということについてですが、

それも分からないわけではないので

満足するわけなのですが、

正確に言うとやはり分からないわけではありません。

 

自己愛性人格障害のひとの

人の気持ちが分からない、というのは

共感できない、共感しないから

その人がどんなに辛い思いをしていても

平気で(むしろしたくて)

虐待するのです。

 

Tiaraが自己愛性人格障害のひとが

人の気持ちが分からない、とわかったわけは

どんなに優しくしてくれたのだとしても

次の瞬間、

どんなに残忍なことも

平気で言うからなのです。

 

共感力がないから

人の気持ちを惹いた後に

あなたを拒否、否定することができるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください